ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“けっこうブス”でもモテる女性の不思議を探る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“ちょい悪”“ちょいブサ”など、ネガティブな言葉に『ちょい』がつくことで何となく「アリ」となる言葉のマジックを最近よく見かける。
当連載でも「ちょいブサのあの子が結婚できたのはなぜ!? 」という記事が配信されたが、ブサイクに“ちょい”がつくと結婚もちゃんとできし、モテることだって珍しくない。

しかし“ちょい”がつかない“ブサイク”“ブス”はどうか? 普通に考えれば男性には敬遠され、結婚にも縁がなさそうであるが、全員が全員はたしてそうなのか?

「私の周りには少なくとも2人は“かなりブスなのにモテる”という女の子がいます。正直パッと見はどちらも相当キツいルックスで、2人とも体型はかなりデブ。でも男はつねに寄ってくるんです」

そう証言するのは独女の百合子さん(34歳)。なぜ彼女たちはモテるのか? 百合子さんはこう分析する。
「とにかく2人ともつねに前向きでおおらか。包容力があって同性でも一緒にいるとすごく楽なんですよ。なんというか、自分が解放される感じ(笑)。そういう部分が男性は安心できるんだろうな、と思います。モテるだけじゃなく、同性の友達もすごく多いですよ。ちなみに2人とも本気でダイエットする気はないことも共通していますね。たぶんそこまで太っていることがコンプレックスじゃないんでしょうね」

一方「仲間内で一番のイケメンなのに、結婚相手がまさかのブスだった」と語るのは、既婚者の良夫さん(35歳)。
「ルックスはもちろん性格もいい奴で、結婚前は相当美人とも交際していたんですよ。でも結婚相手としてつれてきたのは森三中の大島そっくり。一度どこに惹かれたのか聞いてみたら『明るくて家庭的だし、何より自分のことをとにかく一番好きでいてくれる』と言っていました。実際の森三中大島も鈴木おさむと結婚しましたけど、ああいうタイプは上玉をつかむんですね」

森三中の大島さんといえば、ご存じのように売れっ子放送作家の鈴木おさむさんと10年前に結婚。鈴木さんが大島さんとの結婚生活を綴った『ブスの瞳に恋してる』シリーズは累計50万部を売り上げている。

百合子さんや良夫さんの話を聞いていると、やはりモテ系ブスは相手を包み込む性格の良さが絶対条件となるように感じる。しかし時には例外もあり、決しておおらか系で性格がいいタイプではないのにモテ系となる事例もあるようだ。

「私の会社にいる後輩の女の子なんですけど、これがまた見事なブス。でも通称“魔性の女”といわれていて、男が途切れたことがないんです。彼女の性格はつねに自信満々で、自分のことをおそらく一番カワイイと思っているんじゃないでしょうか。前に木嶋佳苗の事件が話題となりましたが、木嶋被告が男性を手玉に取る様子を知って、真っ先に彼女のことを思い出しましたよ」

そう語るのは、証券会社につとめる洋子さん(39歳)。
木嶋佳苗被告といえば、2009年に起こった連続不審死事件で複数男性の殺人罪に問われ、今年4月に死刑判決が下されている。その際に大きな話題となったのは、木嶋被告の美人とは言い難いルックス。複数の男性を手玉にとりお金を貢がせるという行為を「なぜあのルックスで可能だったの?」と不思議に感じる人は多かったはずだ。そしてさらに伝え聞く木嶋被告の女としての自信満々っぷりも注目された。

以上の話を総括すると、モテ系ブスは決してネガティブではないということが共通項としてみえてくる。そんな中でも性格が良く相手を包み込むようなタイプは“ポジティブな癒し系”とされ、相手を陥れたり手玉に取るような対応は“自信満々な小悪魔系”とされる。どちらにしてもモテる不思議。
 
そして本来ならかなりのハンデとなるはずの“ブス”ということについてだが、それも言いかえれば「親しみやすい」「この子なら落とせそう」「この子なら自分に尽くしてくれそう」と男性に思わせる武器にすることだってできるのだ。

人は男女限らずルックスがいい相手に対し、自分には手が届かないと感じたり、卑屈になったりすることあるだろう。しかしブスにはそれがない。そんなブスに尽くされたら、案外コロリと落ちてしまう男性は多いのではないか。

こうして男性に不自由しないモテ系ブスはさらに自信を深め、またポジティブになっていくとう好循環が生まれる。幸せな人はさらに幸せになり、不幸で自信を失う人はさらにネガティブになる悪循環……その法則にはもはや、ルックスはそれほど関係ないような気がする(橋口まどか)

外部サイト

「ダメだったら別れればいいや!」は危険! ナメちゃいけない“離婚”
“けっこうブス”でもモテる女性の不思議を探る
男のココがわからない! 独女からの質問状【前編】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7208045/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP