ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

妙齢女子のハートも胃袋もわしづかみにする“お寺ごはん”

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


“精進料理”というと、どのようなイメージを持たれるでしょう?
「何やら味気なく、辛気くさい病人食みたいなもの」と思われた方は、メタボまっしぐらの肉食男子ではありませんか? 正直いって、こうしたイメージはもはや時代遅れになりつつあります。

いまや精進料理のみならず“お寺”“お坊さん”“仏教”は、妙齢女子の心をくすぐる萌えワード。肉食男子的な単純思考は、絶滅した恐竜のように急速に化石化しているのです!

……なる仮説を実証するため、何やら草食モテ臭ただようイベント『お寺レストラン』*1 に潜入してきました。

*1:「さあ、年末! 都心で楽しむお寺ごはん ? お寺の料理で心とからだを整えて、新しい年を迎えましょう ?」2012年11月26日『虚空山 彼岸寺β』
http://www.higan.net/feature/2012/11/post-3.html

「草食=僧職」のダブルミーニングにもなっている本イベント、MBA資格も持つ浄土真宗の“料理僧”こと青江覚峰住職*2 が、自著『お寺ごはん』*3 の出版記念として、神谷町・光明寺に期間限定(~12/6まで)オープンした精進料理レストランが、その正体。

*2:「青江覚峰」『虚空山 彼岸寺β』
http://higan.net/apps/mt-cp.cgi?__mode=view&id=31&blog_id=58

*3:「お寺ごはん」『Discover』
http://www.d21.co.jp/products/isbn9784799312483

精進料理の芳香のみならず、“草食=僧職男子”萌えの女子の香りも嗅ぎ付け、境内に迷い込んだところ……いるわいるわ、妙齢の“ひとり女子”または“カップル女子”。みなさんおごそかに食事中!

いささか恐縮しながら席に着いたところ、まず目を見張ったのは僧職男子の執事顔負けのホスピタリティー! うやうやしく「こちらはお肉の代わりにお麩を使った“お麩じゃが”でございます」「お寒くはございませんか?」と、端正な面持ちでのもてなし攻勢。これは女子のハートも胃袋もわしづかみでしょう。

若い僧侶たちはかすかにオタクっぽい方が多く、境内は“女子部員ばかりの文化部で、まめまめしく働く男子部員”といった風情が漂っていました。もちろん、男性である筆者にもいっさいの差別のない、心暖まるおもてなし。ああ、食す前から「ごちそうさま」の気分です。

料理一品一品も「おいしゅうございました」というほかないクオリティーで、全身の血液がほんのり浄化されるのを実感できます。これで物足りないという方は、本気で食習慣を見直したほうがいいかも。

お坊さんのホスピタリティーにあてられ、まるで“現世でないような”不思議な居心地が味わえました。昔のお寺的な敷居の高さは微塵もなく、“お坊さんはサービス業”として全うされている感じ。サービス業全盛時代らしいお寺の在り方ですね。

「ただ“丁寧に”を心がけ、一つひとつの工程に気持ちを込めてつくっております」「身近で毎日体験する“食事”を通じて、仏教を感じていただければ」と語る青江住職。精進料理の精神を堪能しながら、身も心も養生できるという、贅を尽くしたリトリート・スポットでした。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「青木ポンチ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP