体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android4.2にアップデート可能!ASUS製お手頃価格の7インチGoogleタブレット「Nexus 7」 -ASUS 2011〜2012モデル-【最新タブレット指南】

2012年はAppleからiPad miniが発売され、PCメーカー各社からはタブレットに対応した新OS、Windows8を搭載したノートPCにもタブレットにもなるコンバーチブルマシンが多数発表されるなどタブレット元年と言える拡大をみせている。

台湾のPCメーカーでもあるASUSからはOSにAndroidを搭載した通常のタブレットとしてもキーボードドックとドッキングしてノート型としても利用できるモデルが多数発売されており、魅力ある製品が増えてきた。

そこで、当ブログメディアITライフハックで、ASUSから発売されているキーボード搭載の最新タブレットが持つ特長をクローズアップし、アナタにふさわしいタブレット選びを探ってみたい。

是非、後悔しないタブレット選びの参考にしていただきたい。

今回は、EeePadシリーズではないが、ASUS製でAndroid4.1を標準搭載した、Googleブランドの7インチタブレット、Nexus7を紹介しよう。

■片手でラクラク持ちやすい!Google謹製の7インチタブレット
Nexus7はASUSが製造を担当し、Googleが自社ブランドとして発売している7インチタブレットだ。出荷時からAndroid4.1を搭載し、Google Playの人気アプリをはじめGmailやYouTubeなどGoogleのサービスをフル活用できる端末となっている。

タブレット本体の大きさは幅198.5mm×奥行き120mm×薄さ10.45mmで、重さは340gと、とてもコンパクト。片手でラクラクと持つことができるのも特長だ。

鮮明な表示の1280ドット×800ドット7型ワイドディスプレイは、キズが付きにくく、HD画質の迫力ある映像や撮りためた写真はもちろん、Web閲覧や電子書籍などを楽しむのにピッタリとなっている。

121101_nexus7_itl_02_800

片手でしっかりホールドできる7インチサイズのタブレット

121101_nexus7_itl_03_800

スマートフォンより大きな画面でWeb閲覧、動画、書籍コンテンツを楽しむのに最適

121101_nexus7_itl_04_800

本体正面(左)と背面(右)。ディスプレイのサイズは7.0インチ、解像度は1,280×800ドットのWXGA

■バッテリー待機時間300時間のハイスペックタブレット
コンパクトで持ちやすい外観や美しいディスプレイだけでなく、Nexus7はその性能も魅力的だ。クアッドコアのNVIDIA Tegra3プロセッサを搭載し、GooglePlayで配信されている3Dゲームを滑らかに動かしたり、Webページの読み込みもスムーズに行える。また複数のアプリを同時に動かしても、サクサク感を損なわずに動作するのでストレスフリーで利用することができる。

また、バッテリーもHD動画の再生で9時間以上、ウェブや電子書籍の閲覧なら10時間以上、待機時間は300時間ものバッテリー駆動を実現しているので外出時も安心。通勤、通学はもちろん旅行やレジャーの移動時間に映画を見たり、ゲームをしたりと存分にタブレットを楽しむことができる。

カメラは120万画素のインカメラのみの搭載だが、写真を撮るより、Skypeなどでビデオチャットを楽しむ機会が多いタブレットとしては十分な機能といえるだろう。

121101_nexus7_itl_06_800

本体正面の上部には約120万画素のカメラを搭載。フロントカメラのみでリアカメラは非搭載

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。