ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

菅野美穂と”男衆”の衝撃映像も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 観客動員数200万人を記録し大ヒットした『大奥』。男女の立場が逆転した江戸時代の大奥を舞台に、二宮和也と柴咲コウが共演したこの作品では、8代将軍・吉宗の時代を描いていた。それから2年、連続ドラマと映画で描く【男女逆転 大奥】史上最大の続篇が帰ってきた。

 男女逆転大奥誕生の謎に迫る、連続ドラマ「大奥~誕生[有功・家光篇]」は現在TBS系にて放送中。さらにドラマから約30年後を描く、映画『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』がまもなく全国公開となる。今回の舞台は前作から遡り、5代将軍綱吉の時代。より華やかで、野望と愛憎渦巻く大奥が舞台。愛よりも権力に生きた男、野望を秘めて大奥にあがり大奥総取締に就く、主役・右衛門佐(えもんのすけ)役を堺雅人が、徳川家の血筋を残す宿命を背負った女将軍・徳川綱吉役を菅野美穂が務め、切なくも美しい愛の物語が描かれる。

 物語の中心は右衛門佐と綱吉の“激しく揺れ動く愛”が中心ながら、彼らを取り巻く一癖もふた癖もある登場人物たちも本作の魅力のひとつ。中でも【男女逆転 大奥】という衝撃的な設定を象徴する“大奥の男衆”役には、今をときめく若手イケメン俳優たちが大集結している。このたび、彼らを紹介する特別映像が公開された。

右衛門佐と旧知の“大典侍(おおすけ)”には、『仮面ライダーW』で一躍注目を集めた桐山漣。右衛門佐が呼び寄せた公家の美男、“新典侍(しんすけ)”には『桜蘭高校ホスト部』『ライアーゲーム-再生-』など活躍著しい竜星涼。騎馬戦で勝ち抜き、綱吉に指名される屈強な“佐之助”には『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』で映画デビューを果たし、満島ひかりの弟でもある満島真之介。許婚との死別が理由で大奥入りする“浅沼”に、デビュー作『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した三浦貴大。このように、個性豊かなイケメン俳優たちが、複雑な理由を抱えて大奥入りする登場人物として配されている。

 また本作の“斉藤”役で映画初出演となる永江祐貴は、郭智博が演じる“中村”と共に、上半身裸で踊る“諸肌の舞”で綱吉に見出される。二人の関係は先輩後輩ながら怪しい雰囲気がただよい、さらに綱吉との”二対一”の閨(ねや)になだれ込む衝撃的シーンも登場。本作の複雑な愛憎劇を象徴する場面となっている。このようなイケメンたちをはべらせる、菅野美穂の肉食女子っぷりも気になるところだ。

『大奥 ~永遠~ [右衛門佐・綱吉篇]』は12月22日(土)丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

映画『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』 – 公式サイト

【関連記事】
“男に恋する”イケメン俳優「相手を女性だと思い込んで挑みました」
日本を代表するアーティストが夢の競演、『大奥』主題歌PVを解禁
堺雅人&菅野美穂「『大奥』は、どこに出しても恥ずかしくない恋愛映画」
男性は子どもを産ませる種馬、“いい男”とは生殖能力の高い男?(ネタバレ注意)
愛と欲望渦巻く、男女逆転大奥ふたたび!『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』予告編が解禁

MOVIE ENTERのTOPへ

(http://news.livedoor.com/article/detail/7206629/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP