ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「徹子の部屋」に出演した伊集院光、黒柳徹子をトークで圧倒!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5日に放送された「徹子の部屋」(テレビ朝日系列)には、タレントの伊集院光がゲストで出演を果たした。

同番組のホスト・黒柳徹子といえば、ゲストを翻弄するマイペースなトークが有名だろう。お笑い芸人でさえ、「徹子の部屋」に出演すると、応答に窮することも多く、自慢の持ちネタを披露しても全く笑って貰えず――、黒柳のペースにはまってしまうことが多い。

だが、今回出演した伊集院は「徹子の部屋」でも、得意の話術が冴え渡り、むしろ、徹子を聞き手役にしてしまうほど、トークの主導権を握った。

会話が途切れそうになるや、次の話題を出すことによって、黒柳を飽きさせることなく、また、どんな質問にも言葉巧みに答えていた伊集院。番組の後半には、パンダに造詣の深い彼女に、自身がコレクションしている「おかしいデザインのパンダ遊具」の写真を披露し、その興味をぐっと惹きつけている。

この番組を見ていたツイッターユーザーからは、「徹子の部屋、伊集院さん!しゃべりで圧倒してたイメージ!さすが!」「さすが伊集院、フリートークの達人だね。徹子がちゃんと話を聴いている」「途中からみたけど、さすが。ちゃんと徹子さんが食いつく話題を用意していったから、ずっと伊集院のペースだった」「さすが伊集院光だ。矢継ぎ早に食いつかせるトークで、徹子さんに例の反復しゃべりをさせるヒマを与えてなかった。久々にスムーズで面白い徹子の部屋だった」と、伊集院を絶賛する声が相次いでいた。

【関連記事】
近藤真彦 結婚を実現させた「黒柳さんの手紙」
黒柳徹子はかつて超美少女だった?
徹子 涙こらえ会見「心がからっぽ」…澤と食事中に一報
黒柳徹子と淡路恵子、携帯に残る「故人の電話番号」で意気投合?

【関連情報】
ほぼ日刊イトイ新聞 – たまねぎアメと森繁パンダ。

(http://news.livedoor.com/article/detail/7207424/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP