ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タブレットでも使えるスキャナー コンパクトなドキュメントスキャナー「imageFORMULA DR-P208」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

外回りの多いビジネスパーソンで、契約に必要な書類をPDF化して相手に渡したり、控えとして取っておきたい書類をスキャンして持ち帰ったり、FAX機がないため注文書をスキャンして送ったりと、スキャナーを使った処理が必要なシーンは意外と多かったりする。

手軽に持ち運べるモバイルスキャナーといえばPFUの「ScanSnap S1100」やEPSONの「DS-30」がある(ほかにサンワサプライ等)。この市場は一定のニーズがありそれぞれ各社が趣向を凝らしたモデルを投入してきており、もちろんキヤノンも例外ではない。

同社よりモバイルスキャナーの新製品である「imageFORMULA DR-P208」が登場。最大の特徴は1パスで「両面スキャン」が可能になったのと、このタイプの製品に珍しく10枚セットのADF(自動紙送り装置)を装備しているところだ。

オプションのWi-FIユニット「WU10」もUSBケーブルで接続

また、Wi-FIユニット「WU10」を接続すると、AndroidやiOS端末からスキャンを行うことができるのに加え、一部のAndroidタブレット(エイサー、NEC、ソニー)ではUSB接続でダイレクトにスキャンが可能になっている。価格はオープンプライスで実売予想価格は22,980円、オプションのWi-FIユニット「WU10」が12,980円。

imageFORMULA DR-P208製品概要
キヤノン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

外部サイト

テキストからモノ認識へ! Googleが新検索技術「ナレッジグラフ」を発表
全国のサラリーマンを応援するアイドルのレギュラー番組!Ustreamにてスタート!
書き手の感性を刺激してより深みのある表現に導く!「一太郎2013玄」はココが凄い

(http://news.livedoor.com/article/detail/7207221/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP