ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

菅野美穂との”1対2″シーンに圧倒

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月から放送中のドラマ「大奥~誕生[有功・家光篇]」に続き、12月22日から全国公開となる映画『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』。全国公開に先駆けて、1日より開催した「京都ヒストリカ国際映画祭2012」のオープニング作品として上映され、上映後の舞台挨拶には、本作で菅野美穂演じる5代将軍・徳川綱吉に夜伽のお相手としてご指名を受ける斉藤役を演じ、映画デビューを果たしたイケメン俳優・永江祐貴(22)が和装で髷を結った時代劇の扮装姿で登場した。

――永江さんは京都ご出身で、このように京都の映画祭にご登場されて今のお気持ちはいかがですか?

永江:京都に生まれ育った者として、こうして俳優として京都の映画祭に呼んでいただけたことは本当に光栄です。

――スクリーンの中から飛び出てこられたような、この時代劇の扮装がお似合いなんですけれども、時代劇の扮装をされてどんなお気持ちでいらっしゃいますか?

永江:普段こういう格好をすることはないですから、特別な気持ちがあります。作品のなかでは、演じた斉藤役はこのような美しい衣装をきる機会がありませんでしたので…上半身裸で踊ったリだとか、閨のシーンでは白襦袢で(場内笑)。今日このような場所で美しい衣装を着られて嬉しく思います。

――永江さんが演じられました斉藤と言う役についてお尋ねいたします。いま、永江さんが仰った「諸肌の舞」のシーンなんですけれども、男性たちが大勢で上半身裸で踊るという、またそのなかで永江さんは男性への恋心を感じさせるシーンで演じるのはなかなか難しかったんじゃないですか?

永江:そうですね、斉藤は男性に恋をする役だったので、なかなか感情を理解するのは難しかったんですけど、相手の中村役の郭智博(かくともひろ)さんを女性だと思い込んでシーンに挑みました(場内笑)。監督からも怪しげな雰囲気を全面的に出してほしいと言われていました。台詞のない、表情と動作だけの表現だったのでなかなか難しいシーンだったんですけれども、どうにかやり遂げることができました。舞のレッスンも全員で集まって何日も練習しました。ダンサー出身の方もいたりしてはじめからうまい人もいたんですけど、全員でレベルをあわせて、力を合わせて作りました。

――菅野美穂さん演じる将軍綱吉との閨のシーンがありまして、一対二というこちらも難しいシーンだったと思うのですがどうでしたか?

永江:あのシーンを境に綱吉がおかしな方向に進んでいく、というきっかけのシーンで、そういう意味では重要なシーンだったのでプレッシャーもあったんですけれども、現場では菅野さん郭さんが引っ張っていってくださったので、一緒につくりあげることができました。

――NGはあったんですか?

永江:NGはなかったです。あのシーンは綱吉の迫力に圧倒されてびびりまくる演技だったので。実際菅野さんの演じる将軍綱吉の迫力につられて最後までやり遂げることができ、形になりました。

――菅野さんすごかったですか?

永江:すごかったですね。菅野さんは普段は天真爛漫な、太陽みたいな方なので綱吉とは性格が全然違うんですけど、すごい振れ幅で演じられていました。

――堺さんとはいかがでしたか?

永江:堺さんとは初めて共演させていただいたんですけど、お会いする前からストイックな役者さんと言うイメージを持っていました。実際お会いして、アドバイスもいろいろいただいて、ものすごい役に対しての姿勢が真摯でもうすごく俳優として刺激を受けました。常に役のことを考えていらっしゃいましたね。

――この映画は東映京都撮影所以外でも撮影されました。永江さんが先ほど仰っていた「諸肌の舞」のシーンは実は聖護院で撮影されました。重要文化財もたくさんある厳かなお寺なんですがいかがでした?

永江:聖護院は初めて行ったんですが…。

――京都ご出身ですよね?(場内笑)。

永江:京都出身なんですが(笑)、入ったことはなかったんです。行く途中、道に見覚えがあって、あれ知っているなと思っていたら…僕の出身中学の裏にあったんです(笑)。ほぼ毎日通ってたんですが、聖護院がそこにあることを知らなかったんです(笑)。ものすごい贅沢な通学路だったんですね(笑)。

――重要な文化財のたくさんある寺院での撮影だといろいろ気を使われたりするんじゃないですか?

永江:そうですね、襖一枚にしてもものすごく綺麗で、障子に穴を開けようものならもう京都にいれないなという気持ちで細心の注意を払いました(会場笑)。

――さて、会場にいる皆さんは映画を見終われたばかりですが、永江さんご自身は完成された映画をご覧になってどう思われたんでしょうか?

永江:観るたびに面白さが増えていくというか、無駄な演出が一切ない映画だと思いました。例えば、桜の木のカットにしても綱吉の気持ちを表していたりだとか、ちゃんと見るたびに発見がある映画だと思います。見所が本当にたくさんあって、豪華な衣装もまさにそうなんですけど、本当に細部まで凝っている映画だと思います。

――なるほど。お名残惜しいですが、そろそろお時間となりました。最後に観客のみなさんに一言おねがいします。

永江:今日はおいそがしい中、お越し下さってありがとうございます。この『大奥~永遠~』は男女問わずいろんな方に見ていただける作品だと思います。お正月映画ということもあり休みの方も多いと思うので、ぜひ内容を漏らさず(会場笑)、何度も周りの方を誘っていただいて、またぜひ劇場でご覧になってください。

映画『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』2012年12月22日(土)男女逆転再び! – 公式サイト

■関連記事
日本を代表するアーティストが夢の競演、『大奥』主題歌PVを解禁
堺雅人&菅野美穂「『大奥』は、どこに出しても恥ずかしくない恋愛映画」
男性は子どもを産ませる種馬、“いい男”とは生殖能力の高い男?(ネタバレ注意)

(http://news.livedoor.com/article/detail/7206239/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP