ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男のココがわからない! 独女からの質問状【前編】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

男女では脳に違いがあり、考え方や行動パターン、価値観がまったく異なるとか。そこで、女にはさっぱり理解できない行動の数々や正直な男の気持ちを、質問形式で独身男性たちに回答してもらった。ぜひ恋愛の参考に!
Q1:元カノの存在はそんなに気になるもの? 私と交際しているにも関わらず、以前、付き合っていた彼女の話をよくする男性がたまにいるけれど、どういう心理?

A:「オレ、モテるんだぜ」アピールです。
面接などで自分をセールスするときに、過去の実績を披露するのが有効な時もありますよね。同じです。元カノの話をすることで、いかに自分がモテるのかをアピールしているんです。

ヤキモチを妬かせたいときに元カノの存在をちらつかせる場合がありますが、いずれも元カノに気持ちが残っていないからこそ、口に出せるもの。浮気しているときは必死に隠しますから。

まあ、あまり本気にしないで温かく聞いてあげてください(笑)。元カノの話をされるのが嫌な場合は、はっきり伝えればもう言わなくなると思います。

――元カノ話は、男のプチ自慢。負けじと、こちらも元カレの話をするのは絶対NGです。

Q2:向こうからメールをしょっちゅう送ってくるのに、食事に誘ってくれないのはなぜ? 私に気持ちがあるのか、単なるメル友扱いなのかよくわからない。

A2:草食系男子はとかく勇気がありません
自分をはじめとする草食系男子の場合ですが、女性の方が「お誘いを待っている」なんて心理を理解していません。基本、僕らはネガティブです。食事に誘わない理由は、
(1)単純に誘う勇気がない
(2)意外とメールのやり取りだけで満足している(実際に会うと嫌われないか不安になるため)
(3)断られることに臆病になっていて彼女からの誘いを待っている
(4)彼女から誘いがないため「自分に好意がないのだろう」と、もはやあきらめムードになっている
……のいずれかでしょう。

ですから「私は来週ヒマだよ。あなたは?」などなど、女性の方から積極的にお誘いいただけると、世の草食男子は相当テンションが上がると思いますよ。

――奥手男子の思考パターンは草食動物というより、小動物! こちらからそっと手を差し伸べる必要がありそうです。

Q3:彼女のHが上手か下手かってわかるもの? 私はほとんど経験がないので、本でテクニックを学んだほうがいいのでしょうか。

A3:上手すぎるのもちょっと……
何人か経験している男性だったら、彼女のテクニックのレベルは分かります。ただ、過去の男性を想像させるので、下手な方がいいと思いますよ。技術に長けている場合でも、小出しにして、その彼から学んだように思わせるとベスト。

もしも勉強するなら、腕を磨くよりも声や表情の研究をする方をおすすめします。リアクションがいいと喜ぶ男は多いですね。

――行き過ぎたテクニックが男を傷つけることもある。処女性は何歳になっても大切。

Q4:もう40歳目前。アラフォーの独女は、正直なところ、男性からどのような印象を持たれているの?

A4:よく言えば“手の届かない存在”
周囲のアラフォー独女を見渡すと、性格がきつそう、独立心が旺盛、男を見る目が厳しそうなどの印象がありますね。よく言えば手の届かない存在に見られがち。アラフォー独女も男に媚びるようなことはしません。

だから意中の男性がいたら、そんなギャップを利用してみるといいと思います。普段からは想像もできない姿で甘えられたら、案外簡単に落とせるのでは?

ただし容姿は平均以上限定。男の異性を見る目って、ダメな自分を棚にあげておいて厳しいものです。美しく身なりを整えてからアプローチしましょう。ただし、もう10歳若いアラサー独女であれば、若さと愛嬌で容姿のマイナス要素は十分埋められると思います。

――こちらの回答は30代の独身男性からいただいた。若いころと同じ恋愛テクニックで、同じようにモテようとするのは大間違いということである。美魔女を目指すか、変わりたくないのならば、もう一世代上(40~50代)のマーケットを狙う道がある。

まだまだ分かり合えない男と女。独女からの質問は【後半】へ続く。(来布十和)

外部サイト

男のココがわからない! 独女からの質問状【前編】
過去の恋にすがる女が「ブス」な理由
【オトナ女子映画部】200年前の婚活事情『プライドと偏見』

(http://news.livedoor.com/article/detail/7205298/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP