ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BIGBANGのD-LITE、J-Popカバー集で日本ソロ・デビュー! 亀田誠治ら参加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


BIGBANG(写真右下がD-LITE)

 

BIGBANGのD-LITEが、J-Popカヴァー・アルバム(タイトル未定)を2013年2月27日にリリースすることがあきらかとなった。

日本でのソロ・デビュー作品となる本作には、亀田誠治、松尾潔、笹路正徳、VERBALという豪華プロデューサーがサウンド面でバックアップ。いきものがかり“じょいふる”やスキマスイッチ“全力少年”、JUJU“やさしさで溢れるように”、小沢健二 featuring スチャダラパー“今夜はブギー・バック”、斉藤和義“歌うたいのバラッド”といった本人が厳選したカヴァー10曲に、D-LITEのオリジナル曲“WINGS”“BABY DON’T CRY”の日本語ヴァージョンを加えた全12曲の収録が予定されている。彼の力強く伸びやかな歌声をJ-Popの名曲と共に堪能できる、日本ソロ・デビューを飾るに相応しいスペシャルな作品になりそうだ。収録予定曲は以下の通り。

アルバムはDVD付きとCDのみ、缶バッチ型の音楽再生プレイヤー〈PLAYBUTTON〉の3形態で登場。ファンはリリースを心待ちにしておこう。

 

〈D-LITE J-Popカヴァー・アルバム 収録予定曲〉
・アイ (秦基博)
・歌うたいのバラッド (斉藤和義)
・やさしさで溢れるように (JUJU)
・陽のあたる坂道 (Do As Infinity)
・じょいふる (いきものがかり)
・全力少年 (スキマスイッチ)
・逢いたくていま (MISIA)
・夢の蕾 (レミオロメン)
・Hello (絢香)
・今夜はブギー・バック (小沢健二 featuring スチャダラパー)
・WINGS
・BABY DON’T CRY

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP