ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北朝鮮専門メディアがミサイル発射情報を単独入手

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4日、北朝鮮専門の英字ニュースサイト「North Korea Tech」は、イギリスの北朝鮮大使館が国際海事機関(IMO)宛に送った通知文を単独入手し、12月中に予定されているというミサイル発射に関し、その時間やルートの座標について報じた。

通知文は当初発表されている、12月10日から22日の間に発射するという内容に加え、「午前7時から12時の間」と、時間帯が明示されている(失敗に終わった今年4月の発射は7時39分行われた)。

また、記事では、同文書に発射ブースターの落下位置を予想した座標が示されており、4月の発射時と比べ、フィリピン沖に落下する可能性が高いブースター(噴射装置)の位置は、より精密になっていると伝えている。

なお、韓国政府関係者は5日午前、北朝鮮が10日から12日の間にミサイルを発射すると分析している。

【関連記事】
北朝鮮がミサイル設置完了と報道 韓国聯合ニュース
北朝鮮、金総書記の偶像化に1億ドル
金正日、死去2日前に残した遺言が…“衝撃”(1)
金正日、死去2日前に残した遺言が…“衝撃”(2)

【関連情報】
Exclusive: More on DPRK rocket trajectory and launch plans(NorthKoreaTech.org)
北、長距離ロケット 発射台に装着完了(聯合ニュース<韓国語>)

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

(http://news.livedoor.com/article/detail/7204888/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。