体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたの募金によってイルミネーションが変化! ソニービル『第45回愛の泉』がスタート

sonybuilding

12月に入り、各所でイルミネーションの点灯がはじまりました。イルミネーションの輝きを楽しみにおでかけするのはもちろん、仕事帰りや学校帰りに見つけると、ふと足を止めて幸せな気分になりますよね。

銀座の名物、ソニービルのイルミネーションも12月3日よりスタート。点灯式には、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン事務理事・事務局長の渋谷弘延氏、ソニー企業株式会社 代表取締役 齋藤恵治氏、『PostPet』のモモ妹、リサとガスパールが登場しました。

sonybuilding

『PostPet』生モモファミリーの“モモ妹”は、冬らしい赤いショールと“PRESSパス”をつけポーズ。

sonybuilding

フランス・パリに住んでいる、ウサギでもイヌでもない未知の生物のリサとガスパールは、北欧好きの女性に大人気。

このソニービルのイルミネーション『Crystal Aqua Trees』は、高さ最大10mで、移り行く街の景色や人に反応し、光と音のハーモニーを奏でるという一味違った演出が魅力。毎時00分にはクリスタルの楽器が音楽を奏でる様な約1分半のスペシャル映像を楽しむことが出来ます。冬の寒空に映える光がキラキラと輝きとってもキレイ。銀座の街を彩ります。

そして、ソニーグループのチャリティ・プログラム『愛の泉』も今年で45回目。イルミネーション『Crystal Aqua Trees』のステージ、イベントスペースのソニースクエアには募金箱が設置され、人々が募金をすると「滝・噴水・氷琴・波」といったテーマに合わせたイルミネーションの変化を見ることが出来ます。

『愛の泉』は、“泉にコインを入れると幸運をつかむ”というイタリア・ローマの“トレビの泉”をヒントに、1968年から毎年続けているチャリティ活動。今年は次世代を担う子どもたちの夢やチャレンジをサポートする“夢実現プロジェクト”に参加。震災の影響で中断されてしまった学校や地域のスポーツ・文化活動の再開や継続を後押しする支援を行ないます。

sonybuilding sonybuilding

渋谷氏と齋藤氏が実際に募金箱に小銭を入れて点灯式がスタート。

sonybuilding

まばゆい光が点灯し、音楽に合わせてイルミネーションが美しく変化します。写真では魅力が伝えられずもどかしい! 他のイルミネーションとは違い、常に違う表情を見せてくれるところが銀座という街にピッタリ。

sonybuilding

待ち行く人々もその美しいイルミネーションを近くで見たり、撮影しようとたくさん集まっています。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会