ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Wordの表に斜めの線を付けたい【知っ得!虎の巻】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

表にはよく斜めの線を付けることがある。そこにはデータが入らないということを示すような時だ。Wordでも簡単に表を作成することはできるが、いざ、斜線を付けようとして、どうやっていいか分からず悩んでしまう人も多いだろう。こんな時は[罫線を引く]を利用しよう。

■知っ得No.390 表の中に斜線を付ける
まずは、斜線を付けたい罫線表の中にカーソルを移動し、[表ツール]-[デザイン]を表示させ、[罫線を引く]をクリックしよう(画面1)。
画面1 [表ツール]-[デザイン]-[罫線を引く]をクリックする。
マウスポインターが鉛筆の形になるので、斜線の始点でマウスの左ボタンを押し、そのまま終点方向にドラッグすると、参照線が表示される(画面2)。終点でボタンを離すと、斜線が引かれる(画面3)。
画面2 斜線の始点でマウスの左ボタンを押し、終点方向にドラッグする。
画面3 ボタンを離すと斜線が引かれる。
通常のモードに戻すには、再度[罫線を引く]をクリックするか、表以外の部分をクリックすればいい。

また、[表ツール]-[デザイン]の[罫線]を利用する手もある。斜線を付けたいセルにカーソルを合わせ、[罫線]の右側の▼をクリックし、一覧から[斜め罫線(右下がり)]、もしくは[斜め罫線(右上がり)]を選択すればOKだ(画面4)。
画面4 [表ツール]-[デザイン]で、[罫線]の右側の▼をクリックし、[斜め斜線(右上がり)]を選択すると、斜線が引かれる。
なお、一度罫線の種類を選択すると、その情報は残っているので、続けて引きたい場合は、セルを移動し、[罫線]をクリックするだけで、簡単に同じ斜線を引くことができる(画面5)。
画面5 続けて同じ斜線を引く場合は、セルを移動し、[罫線]をクリックする。
これでWordの表にも自在に斜線を付けることができるので、ぜひ覚えておこう。見栄えのよい表作りに役立つはずだ。

編集部:池田利夫+岡本奈知子(ジャムハウス
制作編集:エヌプラス
Copyright 2012 livedoor. All rights reserved.

■PC便利技が満載!「知っ得!虎の巻」ブログ
ITライフハック
ITライフハック Twitter

「知っ得!虎の巻」の記事をもっとみる

外部サイト

さらにできるようになったSIII! クアッドコア化したGALAXY SIII αはやっぱり速かった
ヘルプデスク業務を安価に構築!音声通話をサポートした「Zendesk」の魅力
フルHD液晶搭載!圧倒的解像度の10.1インチキーボード合体タブレット 最高峰「ASUS Pad TF700T」 -ASUS 2011~2012モデル-【最新タブレット指南】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7204319/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP