体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フルHD液晶搭載!圧倒的解像度の10.1インチキーボード合体タブレット 最高峰「ASUS Pad TF700T」 -ASUS 2011〜2012モデル-【最新タブレット指南】

2012年は、Googleから7インチタブレットNexus7やAppleからiPad miniが発売され、PCメーカー各社からはタブレットに対応した新OS、Windows8を搭載したノートPCにもタブレットにもなるコンバーチブルマシンが多数発表されるなどタブレット元年と言える拡大をみせている。

台湾のPCメーカーでもあるASUSからはOSにAndroidを搭載した通常のタブレットとしてもキーボードドックとドッキングしてノート型としても利用できるモデルが多数発売されており、魅力ある製品が増えてきた。

そこで、当ブログメディアITライフハックで、ASUSから発売されているキーボード搭載の最新タブレットが持つ特長をクローズアップし、アナタにふさわしいタブレット選びを探ってみたい。

是非、後悔しないタブレット選びの参考にしていただきたい。

今回は、10.1インチフルHD液晶を搭載したキーボード合体型タブレットASUS Padの最高峰 TF700Tを紹介しよう。

■薄く軽い!スタイリッシュなデザインの合体タブレット
ASUS Pad TF700Tの特長はなんといってもフルHD 1,920×1,200ドットの高解像度液晶を搭載し、1.7GHzの動作速度にアップした点だ。これにより動画や写真、文書を美しく表示できるだけでなく、快適動作で楽しむことができる。

またタブレット本体の薄さは約8.5mm、軽さは約598gとASUS Pad TF300Tと比べて更に軽く、薄くなっている。ヘアラインのスピン加工も美しく高級感溢れる筐体となっているのでスタイリッシュに持ち運べるのも嬉しい点だ。

持ち運んだり、外出時に気になるバッテリーもタブレットだけで最長約9.5時間、キーボードドックと合体させることで最長約14時間まで駆動するスタミナ設計なので、外出時でもバッテリー切れの心配なく、ウェブブラウズやゲーム、動画を楽しむことが可能だ。

121101_tf700_itl_03_800

片手軽々持てるサイズは持ち運びに最適!

121101_tf700_itl_02_800

縦画面利用はキーボードドックを取り外してタブレットスタイルで

121101_tf700_itl_04_800

ディスプレイのサイズは10.1型ワイド。解像度はシリーズ最大のWUXGA(1,920×1,200ドット)となる

121101_tf700_itl_11_800

7インチサイズのタブレット(右)と比較。コミックなどの電子書籍も大画面、高解像度でさらに楽しめる

■SDカードリーダー搭載でスマホやデジカメとデータ連携ラクラク!
液晶はフルHDの解像度だけでなく、最新のSuper IPS+方式の液晶を採用し広い視野角を実現しているのも特長だ。背面や正面に搭載されたWebカメラで撮影した写真や動画などを家族で見たり、隣にいる友達と一緒にブラウザの画面を閲覧するときでも美しい画面を楽しめる。

CPUには省電力かつ、パワフルなグラフィックス処理を実現したクワッドコアプロセッサ「Tegra3」を搭載し、フルHD動画を快適に視聴したり、Webブラウズをサクサク楽しんだり、GooglePlayストアからインストールしたゲームを楽しむのも快適に行える。

そしてタブレット側にはmicroSD用のカードリーダーを搭載、キーボードドック側にはUSBポートとSDカードリーダーを搭載しているので、デジタルカメラやスマートフォンとの間でデータを手軽にやりとりできる点も便利だ。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会