体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

横浜のメイドカフェ&バー「White Brim*(ホワイトブリム)」1周年記念ライブに潜入!メイドさんを撮影してコンデジとスマートフォンのWi-Fi連携を試す【レポート】

White Brim*1周年記念ライブ
12月2日秋葉原ロケットゲートにて、横浜のメイドカフェ&バー「White Brim*(ホワイトブリム)」の1周年記念ライブが行われました。このライブにはホワイトブリムのメイドスタッフだけではなく、ゲストとして秋葉原のメイドカフェ「JAM Akihabara(ジャム アキハバラ)」のメイドスタッフも登場。

通常のライブでは録音・撮影は禁止となっているが、今回は特別に許可を頂いてデジタル一眼レフでの撮影の他に、ソニーのコンパクトデジカメ「Cyber-shot DSC-HX30V」で撮影しWi-Fiによるスマートフォン連携を試してみました。

DSC-HX30Vとスマートフォン連携はAndroid端末とiOS端末用の専用アプリ「PlayMemories Mobile」が必要となります。

01

Cyber-shot DSC-HX30Vで撮影。
ホワイトバランスが性格で制服の白がきちんと出ている。(撮影:2106bpm)
今回行われた「White Brim*1周年記念ライブ」は、様々なユニットによる歌とダンスが約3時間楽しめるボリューム感のあるライブでした。

曲フリのMCの時にMIXを打って欲しいというリクエストに対して、しっかりと応えるなどお客さんのノリも良い感じでした。

47

新制服のお披露目
さらに、ライブの終盤には、White Brim*の新しい制服のお披露目もあるなど盛りだくさんな内容でした。

48

新制服で登場

53

左がこれまでの制服、右が新しい制服

50

White Brim*のメイドさんたち

51

ゲストのJAM Akihabaraのメイドさん

52

出演者全員

さて、暗い会場で歌って踊る被写体に対してデジタル一眼レフならオートフォーカスでしっかりと追えるのですが、流石にコンパクトデジカメでは厳しい印象。それでもホワイトバランスの正確さなど、撮った画像に関しては思ったよりも良いでき映え。

54

撮影画像を確認して、メニューからスマートフォンへ転送を選ぶとDSC-HX30VがWi-Fiアクセスポイントとなります。今回は「GALAXY Note SC-05D」(サムスン電子製)に転送を行ってみました。Wi-Fi接続には一度DSC-HX30Vとの接続設定をしておく必要があります。二度目からは「PlayMemories Mobile」を起動すると自動的にWi-Fiアクセスポイントを探して接続されます。

1 2 3 4 5 6次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。