ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鮭フレークにマヨネーズを混ぜて焼くだけで「ウンマ~~ッ!」 倉科カナさんが“ズボラ飯”を実演

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


あなたは買出しに行くのが面倒な休日、とてつもなくお腹が空いてしまった時に、あり合わせの材料でお手軽料理を楽しんでいるあなた。もしくは料理が苦手、難しいレシピだと絶対作れないというあなた。『花のズボラ飯 公式レシピ』を参考にしてみてはいかがでしょうか?

 『花のズボラ飯』は、夫が単身赴任中なのをいいことに、手間要らずで、でも、おいしいお手軽料理(=ズボラ飯)で乗り切る30歳の新妻・駒沢花が主人公の物語。宝島社『このマンガがすごい!2012年版 オンナ編』で堂々の第1位を獲得し、第1巻、2巻合わせて60万部を突破した大人気漫画です。

一人でご飯を作って、一人で「ウンマ~~ッ!」と叫ぶ。そんなお気楽女子の共感を呼び大人気の本作を原作とし、現在は倉科カナさん主演のドラマ版が好評放映中。4日、レシピサイト「クックパッド」社のキッチンでイベントが開催され、倉科さんがズボラ飯”を実演しました。


この日チャレンジしたメニューは、ドラマ第1話に登場する「シャケトー」。鮭フレークにマヨネーズを混ぜて、パンにのせて焼くだけの簡単ズボラ飯。作中では花が鮭フレークをアンチョビに見立てて料理することから、夜食にもおつまみにもピッタリの一品です。

公式レシピ本を監修した、フードコーディネーターの石森いづみさんは倉科さんの料理姿を見て「ドラマやCM だと料理の手元のシーンは手タレ(手元のみの演技をするタレント)が担当することも多いけれど、カナちゃんは全部一人でやっていて、とっても手際が良い。“ズボラ飯”はひらめきの様な少し、天才的な能力が必要な気がする。カナちゃんはそれを天性でもっている気がする」と絶賛。「シャケトーはこうあるべき。という決まりはない。ズボラ飯はどうあっても正解」と簡単に好きな様につくることがズボラ飯だと解説しました。

得意料理は特にないという倉科さんは「あるものでつくることが多い。昨日の肉じゃがが余っていたらそれをコロッケにしたりしている」と話すと、「それはとてもいいアレンジ。素晴らしいと思う」とプロである石森さんもお墨付き。

ドラマの撮影について倉科さんは「とてもいい現場だったけど、撮影は一人の時が多かった。(夫の)ゴロさんも出てこないし……」と寂しさを吐露。今週(TBS は今日深夜)、第7 話が放送され、いよいよ最終回まで残すところあと3 話。花が愛するゴロさんが家に帰ってくるのかどうかも見所です。


ドラマの公式レシピ本『花のズボラ飯公式レシピ』は12月5日に発売。花みたいに女一人で満喫するのはもちろん、今のシーズン女同士で“ズボラ飯クリスマスパーティ”なんていうのもお気楽に楽しめそうですね。

ちなみに筆者がよく食べるズボラ飯は、ツナ缶に長ネギのみじん切りとお醤油とマヨネーズを混ぜて、ご飯に乗せて食べる「和風ネコどんぶり」。長ネギがポイントで、ワサビをちょこんと乗せてもGOOD。見た目が悪い? 美味しければOKなんです!

ドラマ「花のズボラ飯」公式サイト
http://www.hanano-zuborameshi.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP