ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、「Motorola RAZR M 201M」に対して、「テザリングオプション」対応へのアップデートを提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは12月4日、Motorola製Androidスマートフォン「RAZR M SoftBak 201M」に対して、機能追加とソフトウェアの不具合解消を目的としたアップデートの提供を開始しました。今回のアップデートで、今月15日より提供される「テザリングオプション」に対応、サービスを利用するための「テザリング」アプリが追加されます。また、緊急速報メールの受信メッセージ一覧画面を表示中に緊急速報メールを受信した場合、警告音が1秒弱となる事象が改善されます。アップデートは端末単体で実施可能です。201Mの設定メニューを表示後、「端末情報」→「システムアップデート」をタップ。プライバシーポリシーに同意した後、画面状に表示される次の画像の「ダウンロード」ボタンをタップすると更新ファイルをダウンロードされます。アップデート後のソフトウェアビルドは「7.7.1Q-164_SMJ-165」になります。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
キングソフト、Android端末のアプリキャッシュやWEB閲覧履歴などを削除できる無料アプリ「KINGSOFTクリーンマスター」をリリース
KDDI、IGZOパネル搭載タブレット「AQUOS PAD SHT21」を12月7日に発売すると発表
台湾Altek、Androidデジカメ新機種「Leo A16」を開発中?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP