ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

直行便も運行される家電ショーのCES 航空券は高騰気味行くなら早めに【デジ通】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新年一発目の大規模展示会として約1か月後の2013年1月8日にアメリカのラスベガスで「2013 International CES」が開催される。CESとは「Consumer Electronics Show」(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)の略で日本では「セス」や「シーイーエス」などと言われている家電やIT機器関連の一大イベントだ。

近年はドイツで開催されるIFAなども規模を増し、大きな会社は自社イベントにも力を入れるなどしてきており、CESでお披露目される新製品や新技術は少なくなってきている。しかし、市場的にはかなり大規模の北米を対象にしたCESは、その年の最初に行われることもあり、その年の1年間のトレンドを知るには重要なイベントに位置づけられている。

今まではマイクロソフトやインテルによる基調講演が行われていたが、2013年からはどちらもなくなり、クアルコムやサムスンなどスマホ関連企業の基調講演が行われる予定になっている。さらに日本人にとって注目なのはパナソニックの津賀社長がCESで基調講演を行うことだ。

例年のプレスカンファレンスを見る限り、パナソニックよりもサムスンの方が注目度は高いが、CESではどちらがどんな話を聞かしてくれるのかが期待される。

2012年はスマートTVが注目され、実際に様々な製品が公開されたが、3D以上に流行っていないと個人的には感じている。2013年に特に注目されるのはどんな分野になるのか、現時点では見えてきていないためCESに行くことで今年のトレンドをチェックしたいと考えている。

■行くなら早めに手配しよう
CESに日本から訪れるための航空券やホテル代は例年、ぼったくり価格にまで高騰するが、今年は従来以上のようだ。去年までは早めに手配しておけば日本からアメリカ西海岸までは8万円程度、そこからラスベガスまでが2万円程度からで10万円程度で行くこともできた。

開催1か月前の記事執筆時点で、日本から西海岸まで最低料金で12万円程度、西海岸からラスベガスまで3万円くらいからとなって、安く乗り継ぎの悪い便で15万円前後、利便性の高い便だと20万円程度となっているようだ。

ちなみに日本語が通じない航空会社を選ぶなどして、ぎりぎりまで安くすると6万円程度で往復できたりもするが、飛行機の整備状態や、ほとんど倒れない椅子、飛行中の機内食等に耐えられるかといった別の問題もあったりする。

航空券の空き席も少なくなっており、前後の日程でも高くなっているようなので、もしも行くかどうか考えていて、なるべくコストを抑えたいなら早めの航空券の手配をおすすめする。

2006年に廃止されてしまってから、日本とラスベガスの直行便はないが、デルタ航空が成田、ラスベガス間の直行便を2013年のCESに合わせて運行するようだ。往路のDL8780が1月7日成田発、復路のDL8783が1月12日ラスベガス発だ。利便性は高いが記事執筆時点で席はかなり埋まっているようで、料金もかそれなりにするようだ。

それ以外は昨年までとあまり変わっていないが、比較的利便性が高くコストパフォーマンスも良かったインペリアルパレス(Imperial Palace)はザ・クアッド(The Quad)という名称になった。

ホテル前の見事な噴水とCESの会場でもあったベネチアン。今年はブルーマンのショーはベネチアンからモンテカルロへ移動したため、ベネチアンにはブルーマンの看板などはない。また、関連イベントがストリップ地域の南側にあり、メイン会場との交通の便があまり良くないマンダレイベイで行われるなど、細かい部分での変更もあるので毎年行っている方も注意しよう。まずは会場の見取り図とうをスマホに取り込むなどしておくといいだろう。

2013 International CES

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

外部サイト

クラウドと連携する日本語環境! クラウド時代の新・日本語環境、ジャストシステム「一太郎2013」「ATOK2013」を発表
新・電子書籍ストア登場 総合電子書籍ストア「いつでも書店」のサービス登場
あれ?時間限定公開? Googleロゴが抽象絵画風になっていたんだけど

(http://news.livedoor.com/article/detail/7200846/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP