体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

遅れてやってきた実力派!?au向け4G LTE対応スマホ「GALAXY SIII Progre SCL21」の実力をベンチマークでチェック【レポート】

GALAXY SIII SC-06DをQuadrantでベンチマーク測定!
KDDIおよび沖縄セルラーから先月2日に発売開始されたau向け4G LTE対応Androidスマートフォン「GALAXY SIII Progre SCL21」(サムスン電子製)。

GALAXY SIII Progreは、今年5月にグローバル化モデルとして発表された「GALAXY SIII」のau向けモデルで、使いやすさにこだわりながらも最大1.5GHz駆動のデュアルコアCPU(QUALCOMM製「MSM8960」)や2GBメモリー、おサイフケータイ(Felica)、ワンセグなどを搭載した4G LTEに対応したハイスペックモデルです。

国内ではすでにNTTドコモから「GALAXY SIII SC-06D」として登場しているモデルとほぼ同等となります。ただし、ソフトウェアは少し新しくなっていますし、ストラップ穴が付けられているなど、グローバルモデルやGALAXY SIII SC-06Dとも少し変更が加えられていたりします。

今回は、そのGALAXY SIII Progre SCL21でベンチマークアプリを用いてパフォーマンスの実力を試してみましたので紹介していきたいと思います。

ベンチマークアプリは「Quadrant Standard Edtion」および「AnTuTu 安兎兎ベンチマーク」を利用して計測をおこなっています。それぞれ3回測定して、平均値を出しました。

04 03 02 07 06 05

※AnTuTu 安兎兎ベンチマークは2012年11月30日にメジャーバージョンアップしていますが、今回の測定はバージョンアップ前の旧版を利用しています。

機種Quadrant Standard EdtionAnTuTu 安兎兎ベンチマークGALAXY SIII Progre SCL211回目:4890平均
49131回目:9750平均
98322回目:49612回目:100783回目:48883回目:9668

GALAXY SIII Progre SCL21はチップセットとして最新の28nmプロセスで製造された1.5GHzデュアルコアCPU「Dual Krait」やGPU「Adreno 225」を搭載した「Snapdragon S4」によるQUALCOMM製「MSM8960」を採用しています。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。