ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あれ?時間限定公開? Googleロゴが抽象絵画風になっていたんだけど

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日「100年先の未来へ! Googleロゴコンテストの優勝者が決定」で紹介したようにGoogle検索のトップページのロゴは、記念日や大事なイベント等があると、それにちなんだイラストに差し替えられる。

そして12月4日になった昨晩の0時過ぎに、冒頭で紹介しているロゴに変更されておりマウスオーバーで「ワシリー・カンディンスキー生誕146周年」という文字が表示されていたのだが、午前3時過ぎくらいに通常のロゴに戻ってしまっていたため、ロゴの変化に気が付かなかった人も多いのではないだろうか。

Wikipediaによると、ワシリー・カンディンスキー(Wassily Kandinsky)は、ユリウス暦では1866年12月4日、グレゴリオ暦では12月16日生まれのロシア出身の画家兼美術理論家だ。一般的に抽象絵画の創始者とされている。ドイツ及びフランスでも活躍し、のちに両国の国籍を取得したとされている。そのカンディンスキーの作品に似せたロゴになっていた。

なお12月16日に、このロゴが再度表示される可能性が高い。あくまで推測だが、ユリウス暦での12月4日に、一応数時間だけ掲載し、その後、グレゴリオ暦の12月16日には、きちんと1日の長さで掲載するという方法を取ったのだとしたら、かなり細かいことにもこだわっていると思うのだが……。

単にミスって掲載してしまい、指摘されてあわてて引っ込めたなんて、筆者がときどきやるような失態をGoogleが起こすはずはないと思いたいのだが……。はたしてその真相やいかに? 

Google

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

外部サイト

新・電子書籍ストア登場 総合電子書籍ストア「いつでも書店」のサービス登場
超小型のビデオカメラ! カメラ目線の迫力ある動画が撮れるアクションカム【デジ通】
ドスパラサイトがスマホ対応 20周年記念のドスパラがスマホサイトをオープン

(http://news.livedoor.com/article/detail/7199873/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP