ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KAT-TUN 亀梨和也、メンバー内のケンカを告白「幕が下りた瞬間、殴り合い」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3日放送、日本テレビ「人生が変わる1分間の深イイ話」では、「今年の顔と歴代スターが勢揃いSP」として、ドラマも好評で、映画版『妖怪人間ベム』の公開を控える、KAT-TUN・亀梨和也が出演した。

番組内でケンカの話題になるや、なんと、亀梨はKAT-TUNメンバー内で起こった殴り合いのケンカについて語った。

「(メンバー内でのケンカは)ありますよ」と切り出した亀梨は、「最近でこそ、話し合いになりますけど、若いときはステージで幕が下りた瞬間、殴り合い」と驚くべき事実を明かし、「(ケンカをするのは)僕と上田(竜也)とか。中丸(雄一)がステージ上でミスをして、近くにいたのが上田だったんですよ。で、上田がフォローができるはずだったって俺は思って、幕下りた瞬間“オメー、何やってんだよ、フォローしろや”みたいなことをいって、“オメーにできても、俺にはできねーんだよ”って」と、ケンカを振り返った。

さらに、亀梨は「俺もまだ子供だったんで、“もういいわ、辞める”って。僕としては、上田がムカつくとかじゃなくて、“何でグループなのに、グループのこと考えないんだよ”みたいなとこで」と説明したが、その後の顛末については、「次の日、社長に呼び出されて、“YOUさ、仕事でケンカできるなんてカッコいいよ”って。で、ジャニーさんに(亀梨と上田の)手と手を持たれて、“YOUたち、仲直りだよ”つって。ありがたいですよね、間に入ってくれるのが、社長なんですから」と話した。

(http://news.livedoor.com/article/detail/7200363/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP