ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミスチル、香取×山P、AKBの新作がトップ! 今週のタワレコ・チャート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

タワーレコード全店の11月26日~12月2日集計の週間チャートを発表します!

〈アルバム〉
1. Mr.Children 『[(an imitation) blood orange]』
2. 少女時代 『GIRLS’ GENERATION II ~Girls & Peace ~』
3. 松任谷由実 『日本の恋と、ユーミンと。』
4. UVERworld 『THE ONE』
5. MUCC 『シャングリラ』
6位以下などの詳細はこちらから

〈シングル〉
1. The MONSTERS “MONSTERS”
2. BOYFRIEND 『キミとDance Dance Dance/MY LADY~冬の恋人~』
3. 星野源 “知らない”
4. FTISLAND “Polar Star”
5. スマイレージ “寒いね。”
6位以下などの詳細はこちらから

〈DVD〉
1. AKB48 「AKB48 in TOKYO DOME ~1830mの夢~ スペシャルBOX」
2. THE YELLOW MONKEY 「RED TAPE “NAKED”」
3. amazarashi 「0.7」
4. XIA 「XIA 1st ASIA TOUR CONCERT ‘TARANTALLEGRA’」
5. COLDPLAY 「Live 2012」
6位以下などの詳細はこちらから

 

アルバム・チャートで首位を獲得したのは、Mr.Childrenの約2年ぶりとなるオリジナル作『[(an imitation) blood orange]』。映画「僕等がいた」の主題歌“祈り ~涙の軌道”“pieces”や、フジテレビ系ドラマ「遅咲きのヒマワリ ~ボクの人生、リニューアル~」のテーマ曲“常套句”など、タイアップ曲満載の1枚です。2位は少女時代の2枚目となる日本オリジナル・アルバムで、こちらには“PAPARAZZI”や“Oh!”といったヒット曲を収録。そのほか、UVERworldやMUCCの最新作も健闘しています!

トップ5がすべて初登場作となったシングル・チャートでは、香取慎吾と山下智久による新ユニット=The MONSTERSの“MONSTERS”が1位に。表題曲は彼らが出演するTBS系ドラマ「MONSTERS」の主題歌としてオンエアされており、ふたりが作詞/作曲を手掛けたことでも話題です。また、2位には今年8月に日本デビューを果たした韓国出身の男性6人組グループ、BOYFRIENDのセカンド・シングルが、3位には資生堂〈アネッサ〉のCM曲に起用されヒットを記録した“夢の外へ”に続く、星野源の新曲“知らない”がランクインしています。

DVDチャートを制したのは、AKB48が8月に開催したグループ初の東京ドーム公演の模様を収めたアイテム。新組閣や高橋みなみのソロ・デビューといったサプライズ発表に加え、卒業直前の前田敦子による感動的なステージも記録されています。2位はTHE YELLOW MONKEYのデビュー20周年を記念してリリースされた「RED TAPE “NAKED”」となっており、こちらは彼らが97年に行った神奈川・横浜アリーナ公演や兵庫・西宮スタジアム公演などが追体験できる5枚組ボックスです。

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。