ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

前衆議院議員の国会質問時間ランキングについて 国会議員の活動データを集積する会プレスリリース

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2012年12月3日
前衆議院議員の国会質問時間ランキングについて

民間のプロジェクトチームである「国会議員の活動データを集積する会」はこのほど、11月16日に解散された衆議院の前議員について、「国会での質問回数・時間」「議員立法提出回数」「質問主意書提出回数」について調査を行ない、それぞれについてランキングを行なった。「言論の府」である国会で、国民から選挙で選ばれた議員がどんな活動を行なってきたかを調査するのが目的で、衆議院のホームページなどに掲載されていた公表データを人海戦術で集計した。
民主党政権の国会では質問時間は野党に多く割り振られたため、野党議員が上位を占めたが、議員の活動実績を測る一つの尺度としては意味があると考える。また、国会議員に認められた権利である議員立法や質問主意書の提出も、議員の重要な活動であると考えた。
もとより、この3点だけで国会議員の活動すべてが評価できるわけではないが、できるだけ公平に数値化でき、入手可能なものを選んだ。これまで世の中に存在しなかったデータとして、一定の意味があると考える。
データ収集に当たって、国会活動に関しては情報公開のルールが未整備で、国会議員の登院状況などのデータすら一般には公表されていない。今後も、国会議員の自己申告ではない「国会議員の活動実績データ」を集めて蓄積し、定期的に公に提供することを検討していきたい。本活動に賛同いただける皆様のご協力をお願いしたい。
メディア各社には以下のデータをご自由に活用いただき、国会議員の活動に一段と目を光らせていただくことをお願いしたい。

「国会議員の活動データを集積する会」
世話人  磯山 友幸  ジャーナリスト 熊本学園大学招聘教授
世話人  鈴木 祟弘  城西国際大学客員教授
世話人  田中公一朗  評論家 上智大学非常勤講師
世話人  原  英史  政策工房社長      (50音順)

なお、本データの提供先である「東京プレスクラブ」が、『国会議員三ツ星データブック』を刊行しました。
電子書籍 パブー http://p.booklog.jp/book/61253  
 印刷版はアマゾンで予約受付中 http://goo.gl/CEQx4

                     お問い合わせ kokkaistar@gmail.com

下記 配布資料
リリース文書はこちら
ページ内容サンプルはこちら

東京プレスクラブの記事一覧をみる ▶

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP