ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゴッチ発行の新聞「THE FUTURE TIMES」4号は〈NARUTO〉作者が表紙担当

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


後藤正文

 

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文が編集長を務める新聞「THE FUTURE TIMES」の第4号が、12月12日に発行されることがあきらかとなった。


「THE FUTURE TIMES」第4号 表紙画像

今号は〈それぞれのふるさと〉と題して福島県を訪ね、未来を考える特集を掲載。〈THE FUTURE TIMES Gallery & Live〉写真展に参加したフォト・ジャーナリストの渋谷敦志が、福島県南相馬市で出会った上野敬幸さんを取材したドキュメントや、子供たちが安心して遊べるようにという願いから生まれた屋内施設〈ふくしまインドアパーク〉の記事、〈帰村宣言〉をした双葉郡川内村の遠藤雄幸村長が語るこれまでの道のり、猪苗代湖ズでベースを担当する渡辺俊美の故郷・福島県双葉郡富岡町への想いなどで構成される。

そのほかにも、〈Thinking about energy vol.3〉では原発建設計画の反対デモと抗議活動を続ける祝島を取材。いとうせいこうと後藤の反原発デモを巡る対談や、乙武洋匡、株式会社studio-L代表の山崎亮、詩人/映画監督の園子温、女優/写真家の松田美由紀らが、それぞれの思う〈未来〉について語っているとのこと。また、ゴッチがぜひみんなに聴いてほしいという思いから、アナログフィッシュの楽曲“抱きしめて”のダウンロードコードが紙面に記載される。

表紙は人気コミック「NARUTO -ナルト-」を週刊少年ジャンプで連載中の岸本斉史が担当。裏表紙に掲載されている松田“chabe”岳二の〈プラカードを持って街に出よう〉の写真ページには、東北でのロック・イヴェント〈AIR JAM 2012〉を成功させたHi-STANDARDが登場している。タワーレコードの各店舗を含む配布場所の詳細は、「THE FUTURE TIMES」のオフィシャルサイトにて確認をどうぞ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP