ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京・専門店の肉まん 10選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


様々な味覚が揃う食欲の秋。だが、季節の変わり目でもあるこのシーズン、まだ寒さに慣れていない体が、温かいものをほしがる時期でもある。その中でもおすすめしたいのが、肉まんだ。ここでは、貝柱でだしをとった高級店から、庶民派だが本場の味が楽しめるまんじゅう店まで、10店を紹介する。店頭で“できたて”を、もしくは持ち帰って蒸してアツアツを味わってほしい。

世田谷『手作り台湾肉包 鹿港』


世田谷線、上町駅か世田谷駅を降りて世田谷通りへ、両駅の中ほどにある。同店では、台湾の肉まん、肉包(ローパオ)を販売している。種類は、肉まん、あんまん、まんとう(中華蒸しパン)、黒糖まんとう(黒糖入り)の4種類。同店の特徴は、きめ細かくふわふわと柔らかい皮だ。これが他では味わえない食感を生み、そのほんのりとした甘みが、独特の味わいがある豚肉、ネギと見事に調和している。人気店のため、売り切れることも多い。事前に連絡し、おさえておくことをおすすめする。

最寄り駅:東急世田谷線『上町』駅、『世田谷』駅
価格:1個 140円
お店:手作り台湾肉包 鹿港 [地図はこちら]
※記事の完全版はこちら

中野『手作り点心 また明日。』


中野ブロードウェー 地下1階にある点心の専門店。和豚もちぶたを使用した手作りの肉まん・シューマイ・ギョーザは、サイズが大きく、なかはジューシィ。なかでも肉まんは手にとるとずっしりとしており、和豚もちぶたの餡がたっぷりと詰まっているため、ひとつ食べるだけでも十分に満足できる。イートインスペースもあるので、出来立てをその場で味わうことも可能。

最寄り駅:JR『中野』駅
価格:1個 173円
お店:手作り点心 また明日。 [地図はこちら]
※記事の完全版はこちら

巣鴨『駿河屋』


巣鴨駅前に店を構えるまんじゅう屋。名物、福々まんじゅう(あんまん)やコーヒー大福のほか、シューマイ、肉まんじゅうを販売している。サイズはやや小ぶりで、手作りの皮はふっくらとしており柔らかい。キャベツが大目に入ったあんは甘みがあり、噛むほどに深みが出てくる。和風の味付けでさっぱりしており、脂っこさがないのが特徴だ。現在、店舗があったビルが工事中のため、1年ほどは臨時の店舗で販売している。

最寄り駅:JR『巣鴨』駅
価格:1個 120円
お店:駿河屋 [地図はこちら]
※記事の完全版はこちら

三軒茶屋『包包』


三軒茶屋駅、世田谷通り口を出てすぐ、エコー仲見世商店街の中にある点心専門店。飲茶職人が作る、数種類の肉まん(肉包)、ちまき、そして中華惣菜などを販売している。肉まんはサイズが3種類あるが、小ぶりなので迷わず大を。柔らかな口当たりの生地をかむと、タケノコのシャキっとした歯ごたえ、そしてコクのある餡から溢れる肉汁が口の中に広がる。

最寄り駅:東急田園都市線『三軒茶屋』駅(世田谷通り口)、世田谷線『三軒茶屋』駅
価格:1個 180円
お店:包包 [地図はこちら]
※記事の完全版はこちら

住吉『四谷維新號』


住吉駅を出て10分ほどの場所にある。同店では、数種類の肉まんとシューマイを販売。にくまんは1個520円という高級店だ。皮は柔らかすぎず、固くもなくちょうどよい食感。貝柱のだしを含んだ豚肉は、うす味だがコクがあり、しっかりと詰まっているためボリュームもある。食べ比べると分かりやすいが、全体的に絶妙なバランスで仕上がっている。簡単に言うとマイナス点がない。本社直売店のほか、三越、伊勢丹、東急、高島屋、松屋などのデパートでも販売している。

最寄り駅:東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄新宿線『住吉』駅
価格:1個 520円
お店:四谷維新號 [地図はこちら]
※記事の完全版はこちら

飯田橋『神楽坂 五十番』


1957年に創業した老舗、手作りの肉まん、あんまん、シュウマイなど、点心を販売している。目を引くのが、大きなサイズの肉まん。おすすめの純正まんには、ほんのりと甘みのある生地のなかに、豚肉、そして肉汁がたっぷりと詰まっているが、油がさらっとしておりあっさりとした味わいだ。大きな肉まんは15種類ほど、一般的なサイズとなる小さなミニまんも5種類ほど扱っている。

最寄り駅:地下鉄『飯田橋』駅(B3番口 徒歩3分)、JR『飯田橋』駅(西口 徒歩5分)
価格:1個 360円
お店:神楽坂 五十番 [地図はこちら]
※記事の完全版はこちら

赤羽『セキネ』


赤羽駅を出て3分ほどの場所にある。肉まん、あんまん、そしてシューマイを販売している。肉まんのサイズは平均的。皮はほどよい食感で、中の豚肉はほんのりと甘さを感じる。値段のわりに、あんが少なめなのが残念な点だ。

最寄り駅:JR『赤羽』駅
価格:1個 230円
お店:セキネ [地図はこちら]
※記事の完全版はこちら

明大前『ハイ!ママヨシ』


素朴な味わいの肉まん、餃子、シューマイを販売する点心の専門店。肉まんは種類が豊富で、豚肉、あんまんだけでなく、チーズ、カレーなど数種類の餡を用意している。王道の肉まんは、ふんわりと仕上げられた生地の中に、わずかに味付けされた豚肉とキャベツが入っているだけ。しつこさがなく、ほんのりとした甘さがある。温かいものと冷たいものを販売しているので、できたてを味わうことも可能だ。

最寄り駅:京王線・京王井の頭線『明大前』駅
価格:1個 300円
お店:ハイ!ママヨシ [地図はこちら]
※記事の完全版はこちら

目黒『目黒五十番 本店』


不動前駅から15分ほど、目黒通り沿いにある。同店では、海老肉まん、ザーサイ肉まん、角煮まんなどの様々な肉まんや、ギョウザ、シューマイを販売している。特徴はそのサイズで、大ぶりで具もしっかりと詰まっている。皮はやや固めで、ほんのりとした甘さが。肉まんを割ると、ごま油の香りがただよう。豚肉、キャベツの食感はしっかりとしており、食べ応えがある肉まんだ。

最寄り駅:東急目黒線『不動前』駅
価格:1個 350円
お店:目黒五十番 本店 [地図はこちら]
※記事の完全版はこちら

蔵前『欣欣点心』


蔵前駅から徒歩15分ほど、住宅街の一角にひっそりと店を構える、点心の専門店。このような場所に店があるのは、同じ建物に中国雑技芸術団の事務所と道場があるため。販売されている点心、肉まん、餃子、春巻き、焼き小籠包などは、どれも上海風。肉まんは小ぶりだが、130円であれば十分に満足できる。本場の味を、それも安価で楽しむことができる店だ。

最寄り駅:都営地下鉄『蔵前』駅
価格:1個 130円
お店:欣欣点心 [地図はこちら]
※記事の完全版はこちら

※この記事は、東京のイベント・お店情報サイト『タイムアウト東京』が執筆しました。
そのほか、東京のおでかけ情報はこちら
http://www.timeout.jp/ja/tokyo [リンク]

毎日更新、『タイムアウト東京』のフェイスブックページはこちら
https://www.facebook.com/timeoutjp [リンク]

タイムアウト東京の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP