体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

安定ネット接続と7インチタブレットで海外旅行を満喫!テレコムスクエアのレンタルモバイルルーターをドイツで体験(実践編)【レビュー】

レンタルモバイルルーターとタブレットは海外旅行のよきパートナー
海外でも安心してネット接続を楽しむためのアイテムとして、テレコムスクエアレンタルモバイルルーター前回記事で紹介しました。このモバイルルーターと7インチタブレット「Nexus 7」を携えて、実際にドイツのミュンヘンまで旅行に行ってきました。

レンタルモバイルルーターの海外での通信速度はどうだったのか? 実際に海外で便利に使えたのか? 全部紹介しちゃいます。海外旅行を存分に楽しみたい人(特にモバイラー属性のある人)には本当におススメですよ。

■前回のおさらい~レンタルモバイルルーターとはまず簡単に、前回紹介したレンタルモバイルルーターをおさらいしておきます。今回使用するのは「Wi-Ho!(ワイホー)」と呼ばれるモバイルルーターのレンタルサービス。ドイツ1カ国で使用する場合、レンタル料金は1,200円/日になります。複数日をまとめて利用すると安くなるパック料金も選択可能。携帯電話各社の海外パケット定額は最大2,980円となりますので、頻繁に通信するならレンタルモバイルルーターがお得です。

レンタルされたモバイルルーターはZTEの「MF60」という機種。2G/3Gに対応し、通信速度は下り最大21.6Mbps/上り最大5.76Mbpsです。一緒にモバイルバッテリー(Panasonicの「QE-PL201」)もレンタルしてみました。

【レンタルされたモバイルルーターとモバイルバッテリー一式】

telecom_square_001 telecom_square_006

■入国と同時にスイッチオン! 高速でレスポンスも良好ドイツへの入国が済んだらさっそくモバイルルーターの電源をオン。今回のモバイルルーターはドイツの現地事業者「O2」に接続されました。なお今回の行動範囲(ミュンヘン市内)ではほとんどの場合3Gでの接続を維持していました。

【ドイツ入国後にモバイルルーターを起動。事業者はO2が選択された】

telecomsquare_001

モバイルルーターということでやはり通信速度は気になるところ。モバイルルーターと同じO2を海外パケット定額で使えるドコモ端末(Xperia arc SO-01C)を用いて、海外パケット定額とモバイルルーターの速度比較を行いました。「Speedtest.net」(速度測定サーバーはミュンヘン)では、モバイルルーターが6Mbpsを超える通信速度を記録したのに対し海外パケット定額では1Mbps以下。また通信のレスポンスを表すping値もモバイルルーターが海外パケット定額を下回る(=レスポンスがよい)結果となりました。モバイルルーターは現地事業者からインターネットに直接接続され、インターネットへの経路がより短くなることが好結果を生んでいると思われます。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。