ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハンドボール宮崎とサッカー権田が真剣勝負のPK戦。その結末は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12月1日、フジテレビでは「ドリームオファー ~一流アスリートに無茶なお願いしちゃいました!SP」が放送された。

その名の通り、アスリートに無茶なお願いをする同番組では、「前代未聞の異種PK対決」として、ハンドボール界の第一人者・宮崎大輔と、ロンドン五輪での活躍が記憶に残るサッカー・権田修一(GK)による“PK対決”が放送された。

ハンドボールのスローとなるため、宮崎に分がある対決となった一戦は、5ゴール先取で勝者となる。「負けられません」という宮崎に対し、権田は「キャッチすることより、はじき出すこと」と意気込んだ。

1本目:宮崎がゴール右隅にボールを投げ込むと、権田は反応できず。宮崎は「下を打つっていうのは狙い通り」と語る一方、権田は、滞空時間の長い宮崎のシュートに「ちょっとビックリしました。最後のところで、手首で(コースを)変えられてしまうのは、サッカーにはない」と驚きを隠せず。

2本目:宮崎がゴール左隅に投げ込むと、権田はゴールこそ許すも、左足を前方に出して反応を見せる。宮崎は「高さを生かして下に投げる。イメージ通り。サッカーは上からっていうシュートがない」と話し、権田は「1本目よりは少し反応できた感覚はある。ちょっと誘った方がいいかな」と、手ごたえを掴んだ様子を垣間見せた。

3本目:前に出てプレッシャーを強めた権田が、宮崎のシュートコースを狭める格好でブロックに成功。「宮崎 2-1 権田」となる。

4本目:同じく前に出た権田。宮崎はプレッシャーに押されたか、ボールはゴールの上に外れる。

5本目:前に出る権田に対し、宮崎はなんとスピンをかけたワンバウンドボールを投げる。すると、そのボールは権田の手をすり抜け、バウンドした瞬間、向きを変えてゴールに吸い込まれ、思わず権田は苦笑い。

6本目:5本目のスピンボールが効いたか、宮崎は一変してスピードボールを投げ込み、ゴール。宮崎が4点目を決め、王手をかける。

7本目:空中でフェイントをかけた宮崎に対し、喰らい付くように上体を残した権田が、手でボールをブロック。宮崎は、その粘りに「ビックリした」と話した。

8本目:宮崎は権田の股下を抜くボールでゴールを決め、5-3で「異種PK対決」を制した。

勝った宮崎は、「今日、最高の一本。最後の最後まで見られて怖さもあった」と振り返り、敗れた権田は「今のコースは脱帽。悔しいですね。負けるって本当に悔しい」と語り、両者はガッチリと握手を交わしてエンディングとなったが、それでも権田は「もう一回」と訴え、負けず嫌いの一面を見せた。

(http://news.livedoor.com/article/detail/7194101/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。