ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホ&イクメン化でハンドクリーム使う男性増え市場拡大中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 冬になると女性の9割が利用するというハンドクリーム。乾燥が厳しいこの時期、欠かせないアイテムだ。2012年のハンドクリーム販売額は192億円(見込み)で、ここ10年間で約18%の伸びを見せた(富士経済調べ)。昨今は男性の利用も増えているといい、ドラッグストアには、様々なパッケージ・効能・香りのハンドクリームが並ぶ。

 ハンドクリーム市場拡大の背景について、美容ライターの城後紗織さんはこう語る。

「スマートフォンの普及が背景の一つにあると思います。タッチパネルは、指が乾燥していると反応しにくくなることがあるようです。スマホを使う方が増えたことで、手の乾燥に気づく方が増えてきたのではないでしょうか」

 インプレスR&Dが発表した『スマートフォン/ケータイ利用動向調査2013』によると、個人のスマートフォン利用率は約40%、前年よりほぼ倍増した。指を繊細に使う機会の増加が、ハンドクリーム市場を後押ししているようだ。

 ではどんなハンドクリームが人気なのか。城後さんによると、「2極化」と「使い分け」が進んでいるという。

「大きく2種類の流行があります。1つは、ローズやシトラスなど、アロマ精油の香りがついたもの。香りの種類も豊富な上、香水ほど強くはないので、オフィスでも気兼ねなく使え、リフレッシュできますね。『ロクシタン』や『ジュリーク』など、パッケージもお洒落な海外化粧品メーカーの商品などが人気です。

 もう1つは、老舗製薬メーカーの、薬用タイプのハンドクリームも根強い人気があります。『ロコベース リペア』や『ユースキンA』などは保湿性が高く、手以外にも使えますから、一家に一つ置いておくと安心ですね」

 こうした多彩化を背景に、いま、用途や気分に合わせての使い分けが増えているという。スマホやパソコンを使う際にはベタつきが少ないタイプを。料理前は無香料のものを。デートの前は、ほのかな香りを練り込んで。「ハンドクリームはお値段も手ごろなものが多いですから、2~3つ持つ方が多いです」と城後さん。

 また、見逃せないのが、男性の利用者が増えていることだ。20~40代の育児に積極的な男性(イクメン)の約3割は、手荒れに悩んでいるという調査結果が出ているように、生活スタイルの変化からハンドクリームの必要性が高まっている。ここ数年のメンズコスメやメンズネイルの広がりも、男性にとって、ハンドクリームを身近にしているようだ。「SABON ハンドクリーム ジェントルマン」や「ポール・スチュアート」など、男性を意識したハンドクリームも充実しつつある。

 名刺を出したりパソコンをたたいたり……様々なビジネスシーンで意外と見られている手を清潔に保つのは、紳士としての身だしなみ。だが、それだけではない。男性の気になるパーツに「手」をあげる女性が多いことから、女性からの好感度アップも期待できるかもしれない。

 ハンドクリームの流行に伴って、こんな荒技を駆使する30代女性もいる。「飲み会には品のよい香りのよいハンドクリームを持って行くんです。気に入った男子の隣に座ったら、自分で塗りつつ、隣の子にも“塗ってみる?”って。もちろん私が塗ってあげる。手のマッサージにもなるし、喜ばれるんですよ。ポイント高いみたいです(笑い)」

 常時空気に触れる手は、実年齢よりも10歳早く老けるという。楽しくケアをして、アンチエイジングも進めたい。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
指のうぶ毛は剃っていいのか悪いのか?の議論に終止符
肌力のある有名人調査 1位は檀れいと小雪、3位は菅野美穂
9才息子への初お小遣い300円 使い道に35才母がキュン

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。