ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

選挙16連勝中ウグイス嬢の必勝法 赤ん坊の前では音量下げる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 選挙活動にはかかせないウグイス嬢だが、目下、選挙に16連勝中!という凄腕ウグイス嬢がいる。高校生と中学生の2児の母でもある重田めぐみさんは20代前半からイベントコンパニオンや司会業の傍ら、ウグイス嬢を務めてきた。候補者の親戚や友人が務めることの多いウグイス嬢だが、重田さんはこの道20年のプロ。必勝の裏には細やかな配慮があった。彼女が教えてくれた必勝の秘訣は?

【1】赤ん坊の前では音量を下げる

「横断歩道で止まっている時などに、ベビーカーに乗って寝ている赤ちゃんを見つけたら、『すぐマイクを下げて』と仲間に言います。赤ちゃんを起こされたらお母さんは嫌ですからね」(重田さん・以下「」内同)

【2】声援を決して拾い逃さない

「どこで誰が手を振ってくれているか、声をかけてくれているかわかりませんから、たとえしゃべっている最中でも、1人たりとも逃さず見つけて、マイクを通してお礼の言葉を伝えるようにしています」

【3】候補者にも走ってもらう

「候補者が乗っているときは、例えば公園に人がいたら候補者を車から降ろして、握手するように言います。だから候補者には『私と一緒の時は走るから、スニーカーを履いてきてくださいね』って言いますよ(笑い)」

※女性セブン2012年12月13日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
京大生御用達の定食屋 バイトを日替わりで20人雇った過去も
大阪維新の会 衆院選候補者は選挙資金を自前で負担が条件
毎日「朝立ち」している選挙候補者 これは法律違反ではない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP