ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

堺雅人と菅野美穂、”大奥”に自信

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 2010年10月、嵐の二宮和也(水野祐之進 役)と柴咲コウ(8代将軍・徳川吉宗 役)の主演で劇場公開し、誰も見たことがない男女逆転の世界が話題となって大ヒットした映画『大奥』。同作からはや2年が過ぎ、この度“連続ドラマ+映画”という壮大な続篇プロジェクトとして『大奥』が再び帰ってきた。

 今年10月からは、僧侶から還俗し大奥入りした有功(堺雅人)と3代将軍・家光(多部未華子)の恋を描き、男女逆転大奥誕生の謎に迫る連続ドラマ「大奥~誕生[有功・家光篇]」が毎週22時からTBS系で放送中。そして12月22日(土)からは、ドラマから約30年後を舞台に、ドラマに続き堺雅人が一人二役で演じる、野心を抱き大奥総取締へのぼりつめる右衛門佐(えもんのすけ)と、5代将軍・綱吉(菅野美穂)の愛を描く、映画『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』が全国公開となる。

 公開を3週間後に控え、30日には大阪にて記者会見が行われ、堺雅人と菅野美穂が登壇した。

:こちらに到着してすぐ、豚まんとたこ焼きをいただきました。気持ちはすっかり大阪気分です。よろしくお願い致します。

菅野:大阪に来るのを楽しみにしておりました。私も堺さんと一緒で豚まんとたこ焼きをいただきました。イカ焼きはいつ食べようかなと思もっております(笑)。よろしくお願い致します。

――公開まで1ヶ月切っておりますが、今の心境をお聞かせください。

:本作品は、5代将軍綱吉の時代を描いているのですが、現在放映中のドラマでは3代将軍家光の時代で、いわば、その続編にあたります。ドラマも佳境に入っていき、映画『大奥~永遠~』に向かって盛り上がっている気分ですので、やっとこの日が来たかという気持ちです。

菅野:公開まで3週間ということで、撮っている間は「随分先だな、どうやって完成していくのかな」と楽しみにしていました。ドラマは撮影しながら放送してという感じですが、撮影終わって半分、公開迎えるまで半分という感じで、後半の半分がいよいよ佳境に近づいてるなという感じです。映画の楽しみを噛みしめております。

――男女逆転の魅力について教えてください。今の時代、男女逆転したら、どんなことやってみたいですか?

:初めて原作読んだ時に、なんて面白い物語なんだろうと思いました。男女逆転という、ついてる嘘は一つだけなのに、江戸時代の戦国時代の世から平和の世に映り変わる歴史ですとか、肉食系女子、草食系男子といわれるような、女性が元気がいいという現代の映す鏡にもなってるなと思います。男女逆転の面白さは今の世もそうですし、日本の歴史を捉えなおすあわせ鏡になっていると思います。よくできたお話だなと思います。その面白さを一人でも多くの方に見ていただければと思います。男女逆転したらというお話なんですが、世の中が男女逆転めいているので、僕自身の生活はあまり変わらないんじゃないかなと思います。日々細々と暮らしております(笑)。

菅野:最初は大胆な思い切った設定だなと思いましたが、男女逆転にしても、お話の中で最後に残るメッセージというのは愛・純粋さだったり、すごく面白いなと思いました。男女逆転しても、変わらないモノは変わらないんだなと思いました。ブータンに夏に行ったんですが、女性が家督を継いで、仕事もなさるそうなので、現代の男女逆転といえると思うのですが、国民の皆さんは幸せだと思ってる。と興味深いなと思い、男女逆転はアリだなと思いました。

――規模の大きなプロジェクトだと思うのですが、さすがに映画の中で、これは大きいなと思った事はありますか?

: さすがにここで、僕が頂いたギャラの事はお教えするわけにはいかないですが…。

菅野:言っちゃえ!言っちゃえ!(笑)。

:言っちゃいましょうか? 映画(2010年公開『大奥』)⇒テレビ(TBSドラマ「大奥~誕生~[有功・家光篇]」)⇒映画(『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』)という大きなプロジェクトなんですが、僕が参加させていただいたドラマと映画の時点では、既に、前作の映画があり、大きな流れが動き始めていた最中ですので、聞いてるときからワクワクするような、何しろプロデューサーのワクワクに乗せられて、現場に入りました。原作がなにより今でも続いている、『大奥』サーガと言われてもいいぐらいの壮大な物語ですので、原作読んだ時には、あまりのスケールの大きさに、身震いしたというか、本当に面白い物語だなと思ったので、原作の大きさが一番印象に残っております。

菅野:衣装合わせとか現場に入った時とか「あれ、自分が思ってる時よりも大がかりなんじゃないか?」と思いました。自分の事では、久しぶりの京都の撮影所での撮影で必死だったので、シーンの写真を見せて頂いた時に、西田敏行さんと堺正章さんのシーンがあるんですけど、お二人のシーンを光明寺で撮影されていて、光明寺の飾りの豪華さにこれ大作だと気づきました。自分の撮影ではお鈴廊下も今までで一番長い廊下だったそうなのですが、そこも気づかず、飾りを見て、大作と感じました!!

:内掛けも豪華で、お鈴廊下も豪華絢爛で、とても似合ってらっしゃって、あまりにも必死で覚えてらっしゃらなかったと思いますが、下から控えてる人間としてはとても素敵な上様でしたので、付け加えさせていただきました。

――男女逆転といわれても、男性らしい部分、女性らしい部分がありましたが、演じ分けされましたでしょうか?

:右衛門佐は男らしい男で、権力志向上昇志向がある、たまたま入った先が、男女逆転した世界ということだったんですが、今、ドラマで演じている有功は矛盾も含めて飲みこんで、噛み砕くというある意味女性的な人物でしたので、男性的な右衛門佐、女性的な有功という風になんとなくのイメージをしました。

菅野:表で仕事している時は男性的で、ときめく人がいる時は、女性的で、一つのキャラクターで相反する要素をどうやって演じたらまとまりのあるキャラクターで演じられるのかなと思ったのですが、原作で、天真爛漫で支離滅裂みたいな危うい女性の中でも相反するところがあったので、いつでも反対側の要素をなんとなく、意識の中に残して演じる様にしております。

――堺さんはストイックにされるというお話を聞いて、動物の走り方を研究したりといった役作りなどをされた事があるとお伺いしたのですが、今回役作りはされたのですか?

:動物の走り方は参考にはなりませんでした…(笑)。原作が面白いので、この面白さをそのままお伝えしたい、遜色ない物を作れたらという思いがありまして、右衛門佐は水無瀬というお公家さんの家なんです。水無瀬神宮というゆかりの場所が撮影中に行く機会がありまして、郡司さんでありお公家さんとお話する機会がございました。水無瀬という持っている歴史をお話をしていただき、少しイメージが固まり、有意義な時間が過ごせました。水のおいしい神社で有名なのですが、テレビドラマの際も何度か伺うぐらい素敵な神社でした。

菅野:女性で将軍の役をやらせていただけるなんて、一生に一度の機会だなと思ったいたのですが、どうやって、将軍家に生まれたかを想像しようかと思ったのですが、それは無理だと理解しようとする役作りではなく、この人はこういう世界で生きている人なんだと自分とは別だと思うようにしました。同性として、子を失った悲しみとか自分の人生が崩れて行くってところは理解しやすかったですし、あとは共演者のみなさまが素敵な方たちだったので目を見て、精一杯やるという感じでした。

――共演される前の印象と後の印象をお聞かせください。

:何作か作品を拝見していて、何を考えているかわからない怖い女優さんのイメージで、作品によって、全然違うイメージでそれぞれの役を本当に素がこの人なんじゃないかぐらい演じられているので、大竹しのぶさんと舞台で御一緒させていただいた時、しのぶさんの天真爛漫さと違う憑依する感じ、あんまり近づかない方がいいのかなと思う感じだったのですが、今回ご一緒させていただいて、すごく捉えどころがないと言うか、右衛門佐がなんとか綱吉に爪痕を残そうとして、一本の矢の様に深く深く突き刺すようなお芝居の連続なのですが、いくら突き刺しても、菅野さんに突き刺さらない様な気がしてですね、それは結果的に見てみたら、菅野さんの役作りだったんですが、ふところが深くて、どんな言葉をなげかけても、深い淵に小石を投げ込んだように動かない様な気がして、大丈夫なのかなと思っていたのですが、ラストシーンで全て届いてたことが分かりました。まるごと、役ごと飲みこまれてしまったような、本当によくわからない人だなと思いました。

菅野:どの役をやられている時も、ご自身の中でテーマがあって、役作りへの意識の高さが、役の後ろから滲みでているような方だなと思っていて、あとは、草食系のイメージだったんですけど、植物というような感じの人でした。研究熱心だなってのは、私が思っていた以上で、右衛門佐の期間中は、研究が進み過ぎて、江戸時代のお話なのに鎌倉時代までいきまして、役のルーツとかそういうところから、流れにもどすようなことをします。監督がすごく困っていて、「俺、堺さんに質問されても困っちゃうよー」って言ってました。ドラマの時はお手柔らかにって言っておきました。穏やかな中にもきびきびとした情熱がある俳優さんだなと思いました。時代劇だと着物だったり所作は、心情を演じようと思うと枷に感じる時もあるんですが、そういうところもきっちりとノルマじゃなく、能動的にやっている感じがしまして、素晴らしいなと思いました。

――この作品からどんなメッセージを受け取ってほしいですか?

:男女逆転という特殊な状況を描いた作品ではあるんですけど、出来上がったものをみてみると、本格的な普通の時代劇になっております。京都の伝統あるスタッフの方々が丹精こめて作った作品で、東京ではなく、京都で作った意味がある作品であります。なるべく色んな方に見ていただきたですし、テレビシリーズをご覧になっていらっしゃらない方も、男女逆転ということを頭に入れていただければ、楽しめる作品です。原作もお読みになっていない方も楽しめますので、どこにだしても恥ずかしくない恋愛映画が出来上がっております。

菅野:元禄時代のお話なので、セットもそうなんですが、それぞれのキャラクターの着物が美しくて、男性の着物に色があるというのは男女逆転ならではのものだと思っております。見ごたえのある場所、世界遺産だったり、名所での撮影も多かったので、色んな意味で見ごたえがあります。原作の素晴らしさはもちろんですが、出演されている方の演技が素晴らしかったので、逆に気軽に映画館に来て下さい。

映画『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』2012年12月22日(土)男女逆転再び! – 公式サイト

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

(http://news.livedoor.com/article/detail/7192003/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。