体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

充電もワイヤレス!GALAXY SIII / SII / Note対応のワイヤレスチャージクリップ【イケショップのレア物】

多機能・高機能、いつでもどこでも使えるスマートフォンの最大の弱点はバッテリーだ。バッテリーというと搭載容量のことだけが注目されがちだが、実は充電の手間も無視できない。こまめに充電が必要なスマートフォンは、頻繁に本体を充電ケーブルと繋いで充電しなければならない。

非接触式の置くだけ充電ができれば、充電の手間は飛躍的に改善されるだろう。現在、置くだけ充電は、統一規格であるQi(チー)を利用したワイヤレス充電があるが、この置くだけ充電に対応したスマートフォンは、ドコモのシャープ、富士通、パナソニックなどの端末に限られており、どのスマートフォンでもできるとはいかなかった。大人気のGALAXY SIIIやSII、GALAXY Noteは残念ながらQiによる非接触充電には対応していないわけである。

Qiに対応していれば、Qi用の充電ステーションや充電スタンドに置くだけで充電が行えるわけで、microUSB端子にケーブルを差してUSB-ACアダプターに接続といった手間が必要なくなる。またコネクター類の接触が不要になるので物理的な破損も防止できる。何より置くだけでいいというのは非常に簡単だ。

ということで、今回はGALAXY SIII / SII / Noteに装着することでQi規格に対応できる充電アダプター「Qi ワイヤレスチャージ Clip for Galaxy S3/S2/Note」を紹介しよう。

■重さはわずが18gとコンパクトな充電クリップ
Qiワイヤレスチャージ Clip for Galaxy S3/S2/Noteは、重さがわずか18gと軽く、サイズも43mm(横)×99mm(縦)×12mm(厚さ)と、非常にコンパクトだ。色は黒と白が用意されている。microUSBコネクターがある部分を端末のmicroUSBコネクターに接続したら、あとは背面中央側に来る部分の吸盤を本体の背面に吸着させると装着は完了だ。

充電もワイヤレス!GALAXY SIII / SII / Note対応のワイヤレスチャージクリップ【イケショップのレア物】こちらが黒モデル。下部のmicroUSBコネクターを本体に接続する。 充電もワイヤレス!GALAXY SIII / SII / Note対応のワイヤレスチャージクリップ【イケショップのレア物】こっちは白モデル。本体カラーに合わせるといいだろう。 充電もワイヤレス!GALAXY SIII / SII / Note対応のワイヤレスチャージクリップ【イケショップのレア物】本体のmicroUSBコネクター部分に装着 充電もワイヤレス!GALAXY SIII / SII / Note対応のワイヤレスチャージクリップ【イケショップのレア物】この吸盤を本体に吸着させればOK 充電もワイヤレス!GALAXY SIII / SII / Note対応のワイヤレスチャージクリップ【イケショップのレア物】GALAXY Noteに装着した場合の背面部分 充電もワイヤレス!GALAXY SIII / SII / Note対応のワイヤレスチャージクリップ【イケショップのレア物】ホワイトモデルを装着した状態。

■充電は充電ステーションの上に置くだけ
端末の装着が完了したら、すでにQi規格対応の端末になっているので、あとは充電ステーションを用意しよう。利用できるQi対応充電ステーションはパナソニック「QE-EM101」やマクセル「WP-PD10」「WP-PD10S」だ。充電するには、本体の表側を上にして充電ステーションに置くだけでいい。充電中を示すLEDが光って教えてくれる。

充電もワイヤレス!GALAXY SIII / SII / Note対応のワイヤレスチャージクリップ【イケショップのレア物】充電は充電ステーションの上に置くだけだ。 充電もワイヤレス!GALAXY SIII / SII / Note対応のワイヤレスチャージクリップ【イケショップのレア物】充電中はLEDで教えてくれる。
1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会