体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ペーパーバッグ感覚で楽しめる6インチ電子書籍リーダー『kobo glo』製品レビュー

ペーパーバッグ感覚で楽しめる6インチ電子書籍リーダー『kobo glo』製品レビュー

楽天の6インチ電子書籍リーダー『kobo glo』の製品レビューをお届けします。スマートフォンで電子書籍を読むのは画面が小さい、でも『iPad』は電車で片手で読むには重いし大きい……と思っている人は多いのでは? そんな中、タブレット端末では『Nexus 7』など7インチのAndroidタブレットや7.9インチの『iPad mini』が注目を集めていますが、電子書籍を読むのに特化して使うなら6インチのE Inkディスプレーを搭載する端末が本命になりそう。ペーパーバッグ感覚で気軽に使える『kobo glo』の特徴を見ていきましょう。

楽天IDがあればすぐに使える

パソコンにつなぐかWi-Fi経由で本体を初期化

本体を使うには、パソコンにUSBケーブルで接続、もしくはWi-Fi経由で初期化します。今回はWi-Fi環境で初期化してみました。電源を入れたら言語に日本語を選択、「Wi-Fiに接続してセットアップ」をタップします。日付けと時刻を確認後、ネットワークを選択してパスワードを入力。

楽天IDを入力

後は楽天IDを入力すれば自動で初期化が進行します。『楽天kobo』の利用登録もこの一連の作業で完了してしまうので、楽天IDさえあればカンタンに利用を開始できます。

片手で楽々の小型・軽量

片手で持ちやすい本体

本体は185gと軽量。やはり6インチの『Kindle Paperwhite』がWi-Fiモデルで213gなので、軽さでは『kobo glo』に軍配が上がります。軽いので、片手で両端を押さえなくても手のひらに乗せるだけで持っていられるのがポイント。手が小さい女性でも持ちやすいのではないでしょうか。

背面

本体背面はマット仕上げで、溝が切ってあるため滑りにくい構造。ちょっと残念なのが手の脂がつきやすいところですが、片手で長時間持って使うには光沢仕上げよりも機能的と言えるでしょう。

ページをめくる設定

ページをめくる操作はフリックにも対応しますが、画面の左右をタップするだけでもめくることができます。タップ位置はカスタマイズが可能なので、左右どちらの手で持つか、読む本が右開きか左開きかに応じて設定しておくと、片手でも快適に読み進められます。

電子書籍は端末からもスムーズに購入可能

本体には『走れメロス』『坊ちゃん』など7冊の青空文庫の書籍が

初期化した本体には、『走れメロス』『坊ちゃん』など7冊の青空文庫の書籍が入っており、すぐに読むことができます。ここでは漫画を探して購入してみましょう。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会