ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

2013年生まれの子供が最も幸せな国は?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

イギリスの経済紙・エコノミストが21日発売した年末特集企画本『2013年の世界』では、「2013年に生まれた子供が幸せな国ランキング」が掲載されている。

この調査では、裕福さが最も重要な条件になっているが、他にも犯罪率、社会信頼度、家族関係、文化、人口、地域、気候・環境、政治といった項目を評価に反映し、2013年に生まれた子供が成人になる2030年の状況を予測した。

1位となったスイスを筆頭に、上位10国の殆どはヨーロッパ諸国だが、ユーロ圏の国はオランダが唯一で、北欧諸国やオーストラリア(2位)など経済規模の小さい国が名を連ねている。

一方、1988年に行われた調査では上位10国を占めていた経済規模の大きい国を見ると、アメリカがドイツと同スコアで16位。日本は25位、フランスは26位、イギリスは27位。その他にも、経済成長中のBRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国)は好景気にもかかわらず、30位外という評価となった。

また、『2013年の世界』では、2013年の各国情勢も分析しており、来年の日本については、「震災復興のミニブームが去り、低成長に戻る」、「総選挙では、民主党に呆れた世論が自民党を好むが、どちらも多数党にはなれない」、「増税は財政赤字を抑える」と分析し、大阪維新の会(現日本維新の会)を「連立政権与党を決める鍵になりうる」と注目している。

【関連記事】
英紙、維新政治塾を “バブル後20年、退屈した中産階級”
「来年の韓国の新生児、成人になれば日本・英国より幸せ」(1)
英経済誌、「世界で14番目に幸せな赤ちゃんは台湾」

【関連情報】
The lottery of life : Where to be born in 2013 (The Economist)
The world in figures: Countries :Japan(The Economist)

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

(http://news.livedoor.com/article/detail/7189108/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。