体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホの電話サービスでお馴染みの「050 plus」がフェスを開催!「VOICE FES 2012 IDOL DAY」その5:SUPER☆GiRLS編【フォトレポート】

VOICE FES 2012 SUPER☆GiRLSステージ
NTTコミュニケーションズのスマートフォン向けのおトクな音声通話サービス「050 plus」。
050 plusについてはこちらの記事を参照して欲しいと思う、この050 plusの契約者が参加できるポップカルチャー・フェスティバル「VOICE FES 2012」が開催されました。

初日となる11月27日は「IDOL DAY」と題して南波志帆東京女子流ベイビーレイズCheeky ParadeSUPER☆GiRLS、DJ WILDPARTY(Opening Act)が出演、2日目となる11月28日は「ARTIST DAY」と題してヴァーチャル・アーティスト IA × じん、May’n、DE DE MOUSE、神聖かまってちゃん、tomad(Opening Act)が出演。

今回はIDOL DAYのトリをつとめた11人組のガールズユニット「SUPER☆GiRLS」のステージとセットリストを紹介します。

01

「Welcome to S☆G Show!! II」とともに颯爽とSUPER☆GiRLSが登場。1曲目の6thシングル「赤い情熱」で縦ノリでスタートして2曲目の「Everybody JUMP!!」でメンバーの笑顔が炸裂する。楽曲も最高だがライブ一で緒にはじけると最高に熱い一曲。

3曲目は「MAX!乙女心」の磐石のつかみからの自己紹介へ。自己紹介では渡邉ひかるさんのマイクトラブルがありつつも「スーパーガールズ初めてライブ来た方は”にょす!”(渡邉ひかるさんのブログの挨拶でよく使われる)と言っておけば盛り上がるんで」と上手くまとめたところで後半戦へ。

後半戦は「プリプリ SUMMERキッス」、「BELIVER」と来て、「みらくるが止まンないっ!」で最高潮の盛り上がりとなった。

今回は、勝田梨乃さんの欠席と荒井玲良さんの喉の不調などベストなコンディションではなかったが、トリにふさわしいパフォーマンスで会場を熱くしていた。

■フォトギャラリー

02 03 04 05
1 2 3 4 5次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。