体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人口カバー率と実人口カバー率は何が違う?進化中のLTEとは――ドコモのLTEサービス「Xi(クロッシィ)」はどう戦っていくのか(後編)【コラム】


今までやらなかった基地局“数”の比較も……
NTTドコモは今月16日、自社のLTEサービス「Xi(クロッシィ)」に関する説明会を開催しました。この説明会で見聞きしたことと、自分の実感とを総合してコラムを2回書くことにした訳ですが、Xiの品質改善について取り上げた前編は、予想以上に読んでいただけているようで、非常にありがたいです。この場を借りて御礼申し上げます。

さて、S-MAXをご覧の方はご存知かもしれませんが、第三世代携帯電話(3G)のうち、国内ではNTTドコモ、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス(EMOBILE)が採用する「W-CDMA」という規格(海外では「UMTS」と呼ばれることも)は、元々、ドコモが研究・開発してきたものが世界規格化されたものです。

また、「LTE(Long Term Evolution)」についても、「Super 3G」という名称でドコモが研究・開発してきた成果が少なからず取り込まれています。ドコモは単なる移動体通信事業者(キャリア)ではなく、「移動体通信研究機関」という顔も持ち合わせている、世界でも珍しい存在です。研究機関でもあるドコモは、これからLTEをどう進化させていくのでしょうか。

一方、今のLTE界隈で話題なのが「人口カバー率」。各キャリアがそれぞれ違った基準を使って、その優位性をアピールしていて、消費者の混乱を招きかねない状態です。特に、ドコモの場合はその数値が他キャリアと比べて結構低く出てしまっています。これは、一体何故なのでしょうか。むしろ、数値の基準統一を図ろうとはしないのでしょうか。

ドコモのXiを巡るコラムの後編は、これらの事柄を取り上げます。

■LTE基礎特許保有数はオペレーターとして一番
冒頭にも書いた通り、LTE規格は、ドコモが最初「Super 3G」として3GPP(Third Generation Partnership Project)に提案した規格が下敷きのひとつになっています。「Super 3G」という名称からも分かる通り、第三世代携帯電話の究極形(3.9G)として提案されました。

その後、「LTE」という名称で規格化が進みますが、この名称も直訳すれば「長い期間の進化」で、やはり第三世代携帯電話から第四世代携帯電話への“橋渡し”という意味合いを多分に含んでいます。

人口カバー率と実人口カバー率は何が違う?進化中のLTEとは――ドコモのLTEサービス「Xi(クロッシィ)」はどう戦っていくのか(後編)【コラム】

元々はドコモが「Super 3G」として提唱したLTE規格
ただ、競合するau(KDDIと沖縄セルラー電話)とソフトバンクモバイルでは、自社のLTE(や、その類似規格の)通信サービスに「第四世代(4th Generation)」を意味する「4G」を付けています。これは、2010年に国連の通信関連機関であるITU(International Telecommunication Union : 国際電気通信連合)が「3Gを発展させた技術は“4G”って呼んでいいんじゃない?」という旨の勧告を出したことに由来しています。

前編でも書いたとおり、そもそもXiがLTEの通信サービスだと認知されていないことも多いドコモ。最近、ある意味慌ててXiの前に「docomo LTE」という枕詞を付けるようになりましたが、“4G”とは決して付けようとしません。

「“4G”への“橋渡し”として提案した会社のプライドとして、決してLTEごときに4Gとは付けられない」――とドコモは思っているのかな、と個人的には思っていたのですが、Super 3G提案活動に携わり、LTE規格についての説明を担当した取締役常務執行役員 研究開発センター所長の尾上誠蔵氏は「個人的には」としながらも、「(LTEに“4G”と付けないのは)こだわっているわけではない」とのこと。

“4G”という呼称を最初に積極的に使うようになったアメリカでは、W-CDMA規格の拡張で生まれたHSPA+も“4G”、WiMAXも“4G”、そしてLTEも“4G”、と消費者の混乱を招いてしまったため、枕詞的に“4G”と付けるのは得策では無い、と考えているのかもしれません。

1 2 3 4次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。