ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

気軽にゲーム画面をキャプチャできる『AVT-C281J』 1080pサポートで16GBのメモリ付属

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『東京ゲームショウ2012』で簡単に紹介した台湾アバーメディア社のキャプチャー製品『AVT-C281』を覚えているだろうか。パソコンを介さずにゲーム画面をキャプチャ出来る製品である。お値段もお手頃ながら高画質なH.264動画としてハードディスクに保存してくれる優れた製品。

1080pに対応!

今回はそんな『ゲームキャプチャーHD AVT-C281(以下、AVT-C281)』の後継機種である『AVT-C281J』を紹介したい。『AVT-C281J』は『AVT-C281』では不可能だった1080p/30fpでのキャプチャをサポートし、更に16GBのUSBメモリが付属となる。12月3日発売予定となっており値段は1万4000円を予定。そんな発売前の『『AVT-C281J』が記者の元に届いたので早速レビューしたい。




上記写真の右が最新の『AVT-C281J』で、左が旧機種の『AVT-C281』となる。旧機種は1080iまでしか対応していないが、本体の見た目は基本的に同じ。今回も同じくWii、Xbox360、PlayStation3に接続できるケーブルが付属してくる。

シンプルなのが実に良い

本体前面は至ってシンプルで電源ボタンと録画ボタンである。メニューの操作は基本的に付属のリモコンで行う。また前面にはUSB2.0端子、そして本体裏面には2.5インチHDD/SSDを搭載することができる(付属はしてこない)。本体とゲーム機、テレビとの接続はコンポーネントとなっている。接続順としては、「テレビ → AVT-C281J → ゲーム機」となる。


接続してテレビの電源を入れると、「Game Capture HD へようこそ」という画面が表示される。その後は言語と、日時、そして接続されているストレージの設定を行う。今度はゲーム側の画面に移り、出力設定する必要がある。

全ての設定が完了すればキャプチャー準備完了である。この状態で録画ボタンを押せばいつでもストレージに動画ファイル、静止画ファイルが保存される。なお動画はH.264形式となっている。ハードウェアエンコーダーが搭載されているので、保存の際もそんなに待たされることがない。




録画した動画や静止画はそのままパソコンで再生

保存した動画は保存先がUSBメモリならそのままWindowsなどのパソコンで閲覧することができる。もちろんパソコンでなくても、『AVT-C281J』そのもので動画や静止画のプレビューをすることが可能。USBメモリが付属したのはかなり強いだろう。『AVT-C281J』を介した遅延はゼロとのことなので、プレイ時にストレスなくキャプチャーができる。

ゲーム画面を頻繁にキャプチャしたい人には是非お勧めしたい製品である。


メーカー: AVerMedia
製品名: ゲームキャプチャーHD AVT-C281J
型番: AVT-C281J
発売時期: 12月1日予定
予想市場価格: 1万4000円を予定
製品情報URL: http://www.ask-corp.jp/products/avermedia-technologies/game-capture/avt-c281j.html

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP