体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホの電話サービスでお馴染みの「050 plus」がフェスを開催!「VOICE FES 2012 IDOL DAY」その1:南波志帆編【レポート】

VOICE FES 2012 南波志帆さんのステージ
NTTコミュニケーションズのスマートフォン向けのおトクな音声通話サービス「050 plus」。

050 plusについてはこちらの記事を参照して欲しいと思うが、この050 plusの契約者が参加できるポップカルチャー・フェスティバル「VOICE FES 2012」が開催されている。

初日となる11月27日は「IDOL DAY」と題して南波志帆、東京女子流、ベイビーレイズ、Cheeky Parade、SUPER☆GiRLS、DJ WILDPARTY(Opening Act)が出演、2日目となる11月28日は「ARTIST DAY」と題してヴァーチャル・アーティスト IA × じん、May’n、DE DE MOUSE、神聖かまってちゃん、tomad(Opening Act)が出演する。

今回は、第1回目としてIDOL DAYのトップバッターをつとめた、南波志帆さんのステージとセットリストを紹介する。

01

会場となったお台場のZepp DiverCity

02

1曲目は11月7日にリリースされた5thシングル「MUSIC」、透き通る声とキャッチーなサビで、いきなり心を掴まれる。

2曲目は3rdシングル「少女、ふたたび」、2曲目が終わると自己紹介があり、MCでは「人がいっぱい!人がゴミのようですよ~。ムスカ的な感じですけどね~」とムスカを把握してないというクスっとしちゃう軽妙な(?!)トークからラストの曲フリに会場からはお約束の「えー!」の声があがる。すると「お目当てのかわいこちゃん達がまってるんでしょ」と軽く会場をいじりつつ「今後、南波志帆のこともかわいがって頂けたら嬉しいな」と結ぶ。

ラストとなる3曲目は12月5日発売の2ndアルバムから「乙女失格。」、ちょっと切ないアップテンポなナンバーを歌い終えトークも歌声も可愛い南波志帆さんのステージが終了する。

■フォトギャラリー

03 04 05 06 07 08
1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。