体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【小倉久佳音画制作所】iTunes StoreとAmazon MP3のDLランキングをにぎわせるVECTROSとは?

snap1_official

あなたは最近、『iTunes Store』と『Amazon MP3』のDLランキングをにぎわせる、『VECTROS』というゲームのサウンドをご存知だろうか?
実はこのゲーム、ゲーム自体はまだ発売されておらず、サウンドトラックのみが先行発売されているのだ。
下記PVをご覧になって興味を持った方は是非購入して欲しい。1トラックに3曲分が入ってるお得仕様となっているぞ!

「SiLent ErRors – VECTROS Original Soundtrack」『YouTube』
http://www.youtube.com/watch?v=9nstxBsHm_w

※オフィシャルPV動画より引用
VECTROS スペシャルサイト
http://vectros.ne-net.jp/

『VECTROS』は今冬発売が予定されているiPhone/iPod用のアプリ。詳しい情報は上記オフィシャルサイトのリンクを参照してほしい。
ベクタースキャン(注※)と呼ばれる過去のCG表現がそのままの形で進化していたら……というifの発想に基づくゲームだが、必ずしもこの冒険的アプローチが話題になったというわけではない。
では何故、発売前のゲームのサウンドがこれほど高い注目を集めたのか? その答えは本作の音楽を作曲した人物にある。

snap2_ogr

楽曲を手がけた『小倉久佳音画制作所』とは、かつてタイトーのサウンドチーム『ZUNTATA』で中心的役割として活躍した、OGRこと小倉久佳氏のフリーランスに転向してからの作曲者名なのだ。

小倉氏はタイトー時代にダライアスシリーズやニンジャウォーリアーズ、ギャラクティックストームなどのサウンドを手がけ、80年代中盤から90年代中盤に掛けて興ったゲームミュージックという新しいジャンルとムーブメントを牽引(けんいん)した人物。
まだゲームミュージックが市民権を確立していなかった時代に、作曲にあたっては題材に対し素材を掛けて、コンセプチュアルなサウンドを志し、独自の音楽世界を創り上げてきた。
その考えはやがて“音楽の視覚化=音画”へと発展していき、揺ぎ無い作家性は『VECTROS』の楽曲にも遺憾なく発揮されている。
こうした見えざる力が「OGRの新曲!」という話題以上に拡散し、DLランキングに反映されたと言って間違いないだろう。
この作品にもミステリアスなキーワードが幾つも織り込まれており、本作における“コンセプト”とその意味を考察してみたい。

snap3_error

『VECTROS』のアルバム名は『SiLent ErRors』であり、メインテーマも同名のことから、コンセプトはSiLent ErRorsで間違いないだろう。
強いメッセージ性が感じられるPVをご覧になれば解るように“静かな(サイレント)”という言葉とは対照的に、まるで侵攻して行く(来る)ような攻撃的なイメージが打ち出されている。
単調に音が繰り返される旋律にも何処となく“異常(エラー)”な雰囲気を感じさせ、映像の最後には“世界はエラーに満ちている”という言葉が表示される。
この“世界”とは何を示しているのだろうか? もし、我々が居る“現実世界”を指したものであれば……。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。