ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

魅族(Meizu)、スマートフォン新フラッグシップ「Meizu MX2」を正式発表、4.4インチWXGAディスプレイ、MX5S,1.6GHzクアッドコアプロセッサを搭載

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

中国のスマートフォンメーカー 魅族(Meizu)が同社の新フラッグシップ「Meizu MX2」を正式に発表しました。Meizu MX2は、同社が今年1月1日に発売した「Meizu MX」の後継となる製品。Meizuの新製品は例年1月1日に発売されていましたが、今回のMX2は12月中旬に発売される予定となっています。カラバリはブラック(前面)/ホワイト(背面)の1色。ストレージ容量別に16GB/32GB/64GBの3種類がラインアップされています。価格は、16GBモデルが2499元、32GBモデルが2999元、64GBモデルが3999元。中国、香港に加え、台湾とロシアでも発売される予定です。OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)をベースに独自のカスタマイズを施した「Flyme 2.0」を搭載。ディスプレイは4.4インチ1,280×800ピクセル(WXGA)の液晶を搭載。アスペクト比は16:10、画素密度は377ppi、コントラスト比は1000:1、輝度は最大450nits。ベゼルの厚み狭くしたデザインが特徴となっています。噂では幅2.2mmとされていましたが、公式発表によると、3.15mmとのことです。プロセッサはMX5S,1.6GHzクアッドコアを搭載。このプロセッサは32nm HK/MGプロセスで製造されるCortex-A9ベースのSoCです。SamsungのOEM品かと思われます。RAM容量は2GB(LPDDR2 1066MHzのデュアルチャネル構成)。外部メモリに関する情報はスペックシートに記載されていませんでした。カメラは背面に800万画素の裏面照射型CMOS、前面に200万画素の裏面照射型CMOSを搭載。背面カメラでは1080p@30fps、前面カメラでは720p@30fpsでの動作撮影も可能。通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GSM(899/1800MHz)、WCDMA 2100MHzに対応。3Gのパケット通信はHSPA+ 21Mbpsに対応します。バッテリー容量は1,800mAhで、連続通話時間は約10時間、連続待受時間は330時間。本体サイズは124.9mm×64.9mm×10.2mm、質量は142g。Source : MeizuWeibo(Meizu) 



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC One Xのアジア向けモデルに対してAndroid 4.1(Jelly Bean)へのアップデートが配信開始
Nexus 4にAndroid 4.2.1(JOP40D)へのアップデートが配信中
Android向けベンチマークアプリ「Antutu」のメジャーアップデート版v3.0がリリース、Nexus 10とNexus 7でテスト結果を比較してみた

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。