体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベトナム戦争前後まとめてみた【後編】

ベトナム戦争前後まとめてみた【後編】

パリ協定

 

米 「じゃあ俺は南ベトナムから完全に撤退するわ」

北べ「外部からの援助も禁止な。俺はアメリカの捕虜を解放するわ」

ベトナム諸国「北緯17度線は南北ベトナムの国境じゃなくて、今後統一選挙をするまでの停戦ラインね」

米 「これからはソ連とのデタントやアポロ計画で忙しいわ。オイルショックも起きちゃったし」

北べ「アメリカは忙しそうだからもう介入してこないだろうし、やっぱ南ベトナム攻撃するわ!」

南べ「は!? いやおかしいだろ! もう米軍も殆どいないし物資もないから戦えんわ! アメリカ助けて!」

米 「えー……いやもうそっちでやれよ、俺関係ねーから

南べ「きたないなさすがアメリカきたない」

北べ「アメリカいなきゃ楽勝www サイゴンはもう目の前や!」

米 「南ベトナムに残されたアメリカ関係者は死ぬ気で救助するわ(キリッ」

日本「あのー……日本人も取り残されてるんです。救助してもらえませんか」

米 「参戦してなかった奴のことなんか知らねえよ。日本の航空会社にでも頼めば?」

日本「で、ですよねー! 日本航空さん頼みますよ!」

日航「そうだな……だが断る。危険が危ないので組合の答えは“ノー”だ」

日本「ゲェェーーーーーz_____ッッッ!?」

 

韓国「ウリは一緒に戦ったから、救助してくれるに決まってるニダ」

米 「アメリカ関係者の救助だけで手一杯だからお前の相手してる暇なんてねーよ(@w荒」

韓国「」

南北ベトナム統一

1975年4月、北ベトナムによって南ベトナムの首都サイゴンが陥落。

それとほぼ同時期、ポル・ポト率いるカンボジア民族統一戦線(クメール・ルージュ)

クメール共和国(ロン・ノル政権)首都プノンペンを占領。

時間は少し遡る。

ロン・ノル政権のクーデターによってカンボジアの王位を追われ

中国を頼って北京に亡命していたシアヌーク。

ベトナム戦争前後まとめてみた【後編】

ノロドム・シアヌーク

 

シアヌーク「アメリカめ……」

中国「シアヌークさんに会わせたい人がいるアルよ」

シア「誰?」

ポル・ポト「俺やで」

シア「あってめぇ、この野郎! ここで会ったが百年目だ!」

中国「まあ待つアル、あんたがかつてクメール・ルージュとモメてたのは知ってるアル」

シア「じゃあ何でこんな奴連れて来たわけ!?」

中国「あんたも悔しいアルよね? 何も悪いことしてないのにアメ公に追われて、侘しい亡命生活アル」

シア「ぐぬぬ……」

中国「いま中国がイチオシしてるのがポルちゃんアル。仲直りして返り咲く気はないアルか?」

シア(ポル・ポトの力と中国の支援を利用してカンボジア国王に返り咲くのも悪くないか……)

ポル(旧体制の国王シアヌークを盾にすれば、クメールルージュによるカンボジア支配の正当性を主張できる)

中国(我々の手先がカンボジアを取るなら誰でもいいアル。ソ連とソ連の支援を受けてるベトナムへの牽制にもなるアル)

シアヌーク「……オッケー! いい感じ☆

時間は戻って、クメールルージュによるプノンペン占領後。

1 2 3次のページ
生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会