ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

“月を爆破する”!? 米国が冷戦中に企てた秘密作戦とは

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

イギリスのデイリー・メール紙は25日、冷戦中アメリカが進めていた月爆破計画について報じている。

「SF小説のように聞こえるだろうが、1950年代末、米国は核で月を爆破する計画を立てていた」と始まる記事は、その作戦名を「月探査飛行の研究」だったと伝えている。

「プロジェクトA119」という別称を持つこの秘密作戦は、核を搭載したミサイルを月にぶち込み、その際に起きる核閃光をソ連側に見せつけ、威嚇することが目的だったという。

また、記事では、NASA副局長を務めた物理学者・レオナード・レイフルが、2000年AP通信のインタビューで「核閃光を見せることは、スプートニク号以降の米国にとって、ソ連への牽制と自信回復の効果があっただろう」、「空軍が大陸間弾道弾ミサイルを保有した1959年に作戦を実行しようとしたが、失敗した場合、地球への影響や、月面被曝の恐れを理由に中止となった」と話したことを伝えている。

スプートニク号は、1957年ソ連が米国に撃ち上げた世界初の人工衛星で、テクノロジーにおける優位性を確信していた当時の米国に大きな衝撃を与えた。同計画には当時大学院生だった天文学者のカール・セーガンも関わっていたという。 

なお、AP通信の問い合わせに、米空軍はコメントを拒否している。

【関連記事】
11月28日の満月は見逃せない! 日本からも見られる天体ショー「半影月食」
打ち上げ競争も激しい「ロケット」っていくらするの!?
核兵器を万能だと思い込んでいませんか?

【関連情報】
Revealed: How the U.S. planned to blow up the MOON with a nuclear bomb to win Cold War bragging rights over Soviet Union (The Daily Mail)

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

(http://news.livedoor.com/article/detail/7175856/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。