ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【2012年11月26日~12月02日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
今週の1位

タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2012年11月26日~12月02日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:牡牛座

新しいことでも臆さず前向きにチャレンジする意欲が湧いてくる週となるでしょう。そのなかで意外な才能や得意分野が開花するかもしれません。苦手意識を持たず楽しめそうな側面を見つけるようにすると吉。週末は美術館などの感性が磨かれる場所にツキがありそう。

第2位:水瓶座

好機がめぐってくる兆しです。チャンスは逃さずつかむことが大事。今だと思ったらためらっているヒマはありません。ただし他者を欺いたり陥れるような真似をしてモノにしようとするのは禁物。おおらかな気持ちで構えているくらいがちょうど良いのかもしれません。

第3位:射手座

平穏に過ごすことが幸運の鍵。臨機応変な立ち回りが求められる場面が増えそうですが無理はしないこと。問題が起きても何が何でも急いで解決しようとするのではなく時間をかけて取り組んでも良さそうです。休息や栄養はきちんととるよう心がけて。不摂生には注意。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/275012 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:双子座
物事の表面的な部分に惑わされずに本質を見極めることが肝要。自分のなかの優先順位を決めておくと判断を下しやすいかもしれません。精神的にやや攻撃性が増しているときなので言葉づかいや態度には注意。また風邪をひくと長引く傾向にあるのでしっかりと予防を。

第5位:牡羊座
週の前半は好調な運気につつまれています。特に対人面では新しく刺激を受ける出逢いがあるかも。また家族や友人など身近な人たちとの交流もさらに深まり絆を強くすることができそう。ただしせまい世界観で物事を決めつけないよう注意。失敗から学ぶことを大切に。

第6位:蟹座
不安が的中しガッカリするようなことが起こるかもしれません。しかし嘆いていても状況が変わらないのであれば冷静に切り抜けることが先決です。あれもこれもと一度に何とかしようとするのではなくひとつずつ丁寧に片付けていきましょう。慎重さが求められる時です。

第7位:魚座
金銭運が不調。思わぬ出費などに見舞われ今週はピンチに陥るかもしれません。ただし借金は余計に運気を落とすことになりかねないのでNG。これを機にお金の使い方や貯蓄計画などについて見直しを図ると良さそうです。対人運は好調。気の合う仲間との時間を大切に。

第8位:蠍座
引っ越しや転職など大きな変化は避けたほうが吉。また先週に引き続き新しいことに手を出すよりもこれまで積み重ねてきたことをさらに磨いていくことが幸運の鍵となるでしょう。対人運は好調。リーダーシップをとろうとするよりも協調して成し遂げるように意識して。

第9位:天秤座
たとえ無駄に思えても話し合いを面倒臭がらないこと。また言っていることとやっていることに齟齬がないように注意。些細なことで信頼を失うと後のち苦労することになりかねません。時間をかけても腰を据えて取り組むと吉。相手を対等な立場と認めることも大切に。

第10位:山羊座
高望みは失望の元。周囲や幸運に何とかしてもらおうとするのではなく自分で努力を重ねることの大切さを忘れないようにしてください。また一度始めたことはすぐに結実しなくても投げ出さないで。自分のことばかりを考えるのではなく他者の立場に立って考えること。

第11位:乙女座
状況は一気に悪化するのではなく少しずつその兆候が見え始めているはずです。よく目をこらして周囲を観察するようにしてください。またメールをチェックしない時間を設けるなどストレスの元から完全に解放される日を持ちましょう。思い切って小旅行に出るのも吉。

第12位:獅子座
運気は決して悪くはないのですが精神的な疲労が蓄積されそうな週です。見返りが得られなくても理不尽なことを言われても冷静に現実的に対処するタフさが必要とされるでしょう。周囲の手助けは期待しないほうが良さそうです。状況を嘆くよりも合理的に徹すること。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。