ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

着膨れしない冬コーデの極意/美乳女子が実践するバストケアなど−【ビューティ】週間ランキング

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

美しさを追求するのは、女子の“永遠の課題”と言っても過言ではありません。「ファッション・ビューティ」カテゴリの中から、Peachyのアプリで先週(2012年11月15日~11月21日)最も読まれた記事TOP5をお届けします!

第5位:驚くほどの美肌効果がある「パーフェクトな食材」とは?

秋も深まり、朝晩はかなり冷え込む季節になりました。乾燥がピークになる冬が始まる前に、保湿ケアは必須。しかし、外側からのケアには限界があります。そこで今回は、内外から保湿対策ができる上、この時期に陥りがちな体調不良や冷え性まで改善してしまう、身近にある食品をご紹介します。

第4位:寒くたってオシャレに気を抜かない 着ぶくれしない!冬コーデ

だんだん寒さが厳しくなってきました。ファッションスタイルも、秋服の重ね着から、ニット、ジャケット、厚手のコートへと変化していきますね。着ぶくれしてテンションダウンしていませんか? 冬は冬にしかできないファッションを楽しみましょう! 今回のテーマはスッキリ見せる冬コーデです!

第3位:人には言えない…アソコの黒ずみをピンクにする方法3つ

人には言えない、女子ならではの悩み……。“バストトップの黒ずみ”も、その一つではないでしょうか?
乳輪、バストトップの黒ずみは 生まれ持った色素だけでなく、加齢による新陳代謝の低下から、古い角質が上手くはがれ落ちずに残ってしまったために黒ずんで見える場合と、下着の摩擦、授乳、アトピーなどの外的刺激を受けたことで、色素沈着してしまった場合があります。どちらにしても、“メラニンの色素沈着”が深く関係しているのですね。

第2位:意志が弱くて努力が続かない… 容姿が悪い!自分に自己嫌悪

誰にでもコンプレックスはあるものですが、それを乗り越えてこそ内側から輝く素敵な女性になれる…。今回の相談者さんは、「容姿が悪くて、それが嫌で容姿を変える努力をしているのに、いつも途中でくじけてしまう」という女性。「奇跡の力◆上地一美」サイトから、すべての女性に響く本質を突いたアドバイスをいただきました。耳が痛いぞ!

第1位:C以上はキープしたい!美乳女子が実践している「バストケア」6選

一時期、セレブが胸を小さくするなど、「小胸ブーム」の波が来ていたかのように見えたものの、やはり大きな胸は女子の憧れ。でも、実際、みんなのサイズはどれくらいなの?
LCラブコスメティックが4月に発表した「都道府県みんなのバストサイズ」では、47都道府県の女性のバストが日本地図となり、大きな話題を集めました。この中で特徴的だったのは、Bカップが18県、Cカップが17県もあったこと。両方合わせて75%弱も占めていることから、日本人の平均はB~Cカップであることが分かります。この結果を眺めていると、せめてCは欲しいところ。そこで、みんなのケア法を聞いてみました。

以上、先週の「ファッション・ビューティ」カテゴリ週間ランキングでした!

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

(http://news.livedoor.com/article/detail/7166893/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。