体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ライブハウスを運営して初音ミクをプロデュースしよう!!「初音ミクライブステージプロデューサー」【Androidアプリ】


βテストを経てついに正式サービス開始!!
アーケード、コンシューマーゲーム機向けなど、様々なプラットフォームにて展開されているVocaloidの初音ミクのゲームがサウンドアクション+経営シミュレーションゲームとしてスマートフォン向けにもサービス開始となります。

以前、当S-MAXにおいて紹介した東京ゲームショウ2012の記事「初音ミクライブステージプロデューサー」のAndroid版の正式サービスが2012年11月22日から開始されました。iOS版は2012年秋予定です。

本記事では早速ゲーム中の様子を特徴やポイントなどを交えて紹介します。

01

「初音ミクライブプロデューサー」タイトル画面

■基本はライブハウス経営+初音ミク育成SLG

02

ライブハウスの画面、よく見ると外の風景はミクだらけ
基本的なゲームの進行は基本的には「ライブ(アクション部分)をする人気度やボルテージ(後述)を上げる→G(お金)を稼ぐ→稼いだGでアイテムを買ったりライブハウスの飾り付けやミクの育成をする(お客が多く来るようになる)→ライブをする・・・」といった流れを繰り返すことになります。
その他にもフレンド登録をした別のユーザーのライブハウスへ移動して遠征ライブ(各フレンド毎に1日1回)を行いGとスクラッチカード(後述)を得ることができます。

また、APという時間経過で回復する行動ポイントがありライブや育成の際にはこれを消費します。
APは時間経過かゲーム中に入手するアイテムを消費することで回復できます。

■立体モデルのミクが踊る!ライブをしよう!!

03

ライブの曲選択画面。課金してCPをチャージすることでCP表示の楽曲が入手できる

04

ライブ中のゲーム画面
人によっては一番のポイントになるかもしれないライブでは、最初に遊びたい曲とステージ背景・モジュールと呼ばれる衣装を選んで遊びます。

プレイ方法は画面内に現れるハートを指でなぞることで集めていきます。タッチ操作ではうまく取れないので画面にタッチしたままハートを取りに行くような感じでいけば上手く取れるでしょう。ハートを集めるとボルテージゲージが上昇します、連続して集めることでフィーバーボーナスとなりスコアがより多く追加されます。

ハートに交じって出てくるイガイガ付きのボールは取るとコンボが途切れてボルテージゲージも下がってしまいますので取らないように気をつけましょう。ライブ終了時に内容に応じたライブスコアが表示されます。ライブスコアは高ければ高いほど集客力や人気度が大きく上がります。

ボルテージゲージはライブ終了時のスコアに影響するほか、ライブハウス画面ではその名の通り観客の熱狂度となります。なお、ミクの立体デザインやモーションはPSPの初音ミクProject Divaから移植しているもののようです。

05

筆者のスコア

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。