ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「お前」と呼ぶ男が不愉快です

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「きみ」「あなた」「お前」「○○さん」「〇〇ちゃん」「呼び捨て」など、いろいろな呼び名がある中、相手をどう呼ぶかはその関係性や呼ぶ側、呼ばれる側のキャラにもよるだろう。
その中でも気になるのが、一昔前のヒット曲などでよく見かけた「お前」。実際のところ、最近の女性は「お前」と呼びかけられることに対して、どう感じているのだろうか。

「どんな人にも『お前』とは呼ばれたくない」と言うのはマミさん(仮名・35歳)。
「上から目線でイヤです。親しい相手なら名前で呼んでほしい。実は、仕事で関わる年上の男性の中には、個人的なつきあいはまったくないのに『お前』と呼ぶ人がいて、とても不快です。」

「お前と呼ばないで下さい」と伝えても、やめてくれない人もいるそう。
「親しくもない女性も『お前』と呼ぶ男性はたいてい野心家で支配したがるタイプ。お前という呼び名だけでなく、他人を思いやれないところも不愉快です」

リョウコさん(仮名・36歳)の場合は、「時と場合による」という。
「恋の駆け引きの段階で、たまに『お前ってさあ』と言われると、距離が縮まったみたいでドキッとします。モテる男性はこのさじ加減が上手なんですよ」

ただし、あくまでも「恋の始め」に「時々」言われるからいいのだとか。
「恋人とは対等な関係でいたいから、ずっと『お前』と呼ばれたくはありません。私を『お前』と呼ぶなら、『あんた』と呼ばせてくれ、って感じ(笑)」

最近、男性から「お前」と呼ばれてドキッとしたのはカオルさん(仮名・35歳)。
「年下のサークル仲間に『お前、調子に乗りすぎ!』と軽い調子でツッコまれて。丁寧な言葉で話しかけられるより、距離が縮まった気がしますね」。

また、カオルさんの場合、前出のリョウコさんとは反対に、付き合い始めの彼氏に「お前」とだけ呼ばれるのはイヤでも、長い付き合いになればOKとのこと。「それが自然なら気になりませんね」とカオルさん。

「ちゃんと名前があるのだから、お前と呼ばれたくない」と言うリサさん(仮名・33歳)は、「呼び名はTPOで変えるものでは」と話す。
「私は彼氏を『○○ちゃん』と名前にちゃん付けで呼びますが、彼のご両親の前ではさん付けにします。それは人として当然のこと。彼女がお前と呼ばれることを受け入れていても、それは二人だけの時に使う呼び名でしょう。彼女を人前で『お前』と呼ぶ人は、TPOをわきまえていないように見えますね」

ちなみに、前出のマミさんは、ある男性が自分より社会的地位も年収も高い妻を「お前」と呼ぶ場面に遭遇し、新鮮に感じたという。
「他人には、『何でもハッキリ言う気が強い奥さんの後ろを腰の低いダンナさんがついて行く夫婦』に見えたので、『意外と家では甘えん坊の奥さんなのかも……』と驚きました」

思いのほか、女性たちに敬遠されている「お前」という呼び名からは、時にはカップルの関係性も見えるよう。あなたは何と呼ばれたいですか?(栗頭渋子)

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

外部サイト

「お前」と呼ぶ男が不愉快です
バブルは遠くなりにけり……今どきの独女クリスマスは自然体!
ちょいブサなあの子が結婚できたのはなぜ!?

(http://news.livedoor.com/article/detail/7166067/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。