体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

後3年で、日本は真の民主主義国家に変わります。升永弁護士インタビュー

2012年10月17日最高裁にて「選挙無効請求事件」の判決が出ました。
たった一本の判決で国の仕組みが変わり、2016年に一人一票が実現する模様です。
 升永英俊弁護士にインタビューしてまいりました。

後3年で、日本は真の民主主義国家に変わります。升永弁護士インタビュー

以下書起し全篇

記者
先日の(最高裁の)判決文読んできたんですけれども。上告は棄却するが憲法には違反しているといったことで、〜中略〜画期的なのは都道府県にかかわらず仕組み自体を変える必要があると言い始めている(最高裁)ということでしょうか?

升永
どういう判決かという質問ですか?それは、歴史的判決です。
過去、参議院では「清き0.2票」の「1票の住所差別」がありました。衆議院では「清き0.4票」の「1票の住所差別」がありました。ところが、この判決一発で、「清き0.2票」から「清き0.6票」にUPしたわけです。参議院と衆議院は、違うということを知ってましたか?参議院と衆議院は一票の格差が違うっていうのをしってましたか?

記者
えーと、、

※中断 記者勉強不足であまり打ち合わせにならないのでスタートします。

記者
こんにちは。先日の最高裁判決、10月17日ですが「一票の格差について」の、、、

升永
「一票の格差」っていう言葉はもう一生涯使いたくないんです。「一票の住所差別」と言ってほしいですね。

記者
うっ、、、「一票の住所差別」に関しての判決が出ましたが、あれに関しては、、、

升永
なぜ「一票の格差」って言う言葉を避けたいかというと、松島さんのおっしゃるように過去50年間日本は、日本人は魔法にかけられていたわけです。「格差」っていうと、「是正」っていうことになる。1票の格差は5倍、これを3倍にするから是正されて「万歳!」ってことになる。「嬉しい!」っと。これじゃーいかんわけです。

記者
なるほど、、

升永
格差だと格差を少しなおせば、是正になる。5倍の格差を3倍になおした。「こんなによくなりました」、「是正しました」、「万歳!」と。こういった感覚が諸悪の根源です。
「一票の格差」の是正ではなく、「一票の住所差別」の撤廃でなければいけない。・・・「一票の格差」という言葉は、禁句にしたい。

記者
禁句ですね、わかりました。

升永
なぜ10月17日の最高裁の違憲状態判決が升永の言うように歴史的判決か理解出来ないというのが大方の意見だと思います。私も、この判決が、歴史的判決だってわかるのに、10日間かかりました。わたしもピントがずれていました。この判決は日本の、国の仕組みを変えました。たった一本の判決で。
なぜかというと、「一票の住所差別」の点で、参議院は、衆議院と比べて、「一票の住所差別」が大きくて当然であるというのが、これまでの常識でした。
参議院は良識の府だと。
だから、参院の「一票の格差」は、5倍差があっていいのだ、というのが日本の常識でした。過去40年間そう言う時代が続いたわけです。ところが、3週間前の最高裁判決でどういうことが起きたかというと「(参議院を)衆議院と同じにしなさい」と、こういったわけです。皆さんご存知のように、民主、自民、公明は、衆院選で0増5減といっているわけです。「0増5減」になると、一票の格差は1.8倍になります。「0増5減」、これは「清き0.6票」なんです。衆議院と参議院を同じにするということは、いままでの参院の「清き0.2票」が「清き0.6票」になるわけです。衆院選での0増5減(=「清き0.6票」)と同じになるわけですから。
どういうことになるかというと、参議院の重要性というのがみなさん新聞報道などで少しずつおわかりになっていると思います。実は、衆議院よりは、日本の予算を実行し、国の形を作っているのは、実は参議院なんです。これご存知でしたか?松島さん。

記者
あっ、いや、ずっと衆議院かと思っていました。

升永
実はそうではなく、逆転がおこっています。
なぜかというと、国というのは1年間ずつ予算をとって、例えば、本年度では、約50兆円の税収と約50兆の国債発行で約100兆円使います。予算は、衆議院と参議院の意見が分かれても衆議院が勝つことになっているから参議院はいくら反対しても、意味がないわけです。衆議院がやるとなるとその通りになります。
ところが法律は、そうではない。衆議院が法律をつくっても、参議院が同意しないと法律にならない。参議院が反対して参議院の反対を衆議院が乗り越えるには、衆議院で2/3をとらなければならない。ところがこの特別多数をとるというのは、日本の歴史からいうとまず難しい。いまだって民主党は一時凄かったけど、今汲々として、衆議院で2/3とるっていうのは、不可能です。
ところが予算を通すと予算を使うための法律がないと、お金が出て行かないわけです。予算だけあっても仕方が無い。法律に従って予算は執行されるわけです。予算関連法案って聞いたことあるでしょう?「予算関連法案」っていうのが、命なんです。この予算関連法案が通らないと、予算は使えない。日本の社会は国の100兆のお金が、1月あたり10兆円近くのお金がでることによって動いている、それが6ヶ月滞るとこれはもう国は破綻ですね。そういうことが起きる。もう一つ、予算がいくらあったって、税金は50兆円しかないから、50兆円の国債を発行しないと、日本の国は回りません。ところが、国債発行というのは、法律をつくって発行するわけです。それも参議院が「NO」と言えば、衆議院は、参議院の言ったことを乗り越えるためには、2/3の賛成票をとらなければなりません。それはいま無理なんです。でどうするかというと、衆院は、(参議院の言うことを)丸呑みするわけです。結局参議院の言う通りになってしまう。
その参議院がどうなっているかというと住所次第で、国民は、「清き0.2票」しかないわけです。地方の人が1で都会の人が0.2票しかないかというとそうではなくて、北海道の人が、0.21票です。東京の0.23票より悪い。このように、地方、都会の話ではないです。でたらめになっているだけです。
どういうことがおこるかというと、全有権者が10400万人です。選挙区から選ばれる参議院議員が146名います。その半分が73人。+1名で過半数。その74人を選んでいる有権者数が3400万人(全有権者が10400万人の33%)なんです。残りの72人を7000万人(67%)が選ぶわけです。

1 2次のページ
東京プレスクラブの記事一覧をみる

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会