ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

同性愛者の女性を特集した「有吉ジャポン」の放送内容に不快感

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

20日の「有吉ジャポン」(TBS系列)で放送された同性愛者の女性をフィーチャーする内容が、ツイッターで物議を醸している。番組スタッフが、同性愛者の女性に対し、性に関する露骨な質問を繰り返したためだ。

番組冒頭、新宿2丁目にある女性の同性愛者が集まるお店を取材しようと試みた同番組は、取材スタッフが男性だったことから、取材を断られてしまう。すると、取材に応じてくれる店が見るかるや、スタッフはある同性愛者の女性に対し、「レズビアンの方のエッチってどういう感じ?」、「レズビアンの女性の胸はどうなっているの」などと下世話な質問をぶつけていった。

さらに、この店への取材後、番組は同性愛者の女性カップルの自宅を訪問。自宅でも、性交渉の頻度や赤裸々な質問に終始すると、これらの放送内容に対し、ツイッターでは批判が噴出した。

「『有吉ジャポン』」とても不愉快でした」「なんで真っ先にセクシャルでプライベートな事聞いちゃうんだろう。セックスとかおっぱいとか。ニヤついた顔で」「ノンケのカップルには『アナタたち、どんな性生活をしていますか?』なんて聞かないのにねー。こういうの、ホントにヘン!って思う」「レズビアン特集なら女性が潜入取材すれば?」と、ユーザからは不快感をあらわにするツイートが相次ぐ事態に。

また、一方で、同番組の内容に対し「うーん、シモの好奇心ばっかのいじり方は、ある程度想定内だと思うが。サンジャポ系列の深夜枠だし」「見てないが性の話が多かったのは深夜番組だからだろう。実際、どういうふうに取り上げられたいと当事者は思っているのだろうか?」と、理解を示す意見も少なくはなかったが、偏った特集に疑義を抱いたユーザが多数を占めていた。

【関連記事】
<有吉ジャポン> 西川史子「渋谷のラブホ全部行った。お泊まりの後ご休憩のダブルもやりました」
40代の男がモテる?『有吉ジャポン』が「モテ40」の世界を探索!そこから見えてきたのは…
【エンタがビタミン♪】「給料全額ぼったくられた」太田。“歌舞伎町の帝王”だった田中。共に歩む? “芸人”と“風俗”今昔物語。
【エンタがビタミン♪】“文化人ギャラ”って? テレビ出演料について『有吉ジャポン』プロデューサーが明かす。

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

(http://news.livedoor.com/article/detail/7165409/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。