ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

バブルは遠くなりにけり……今どきの独女クリスマスは自然体!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

早いもので、もうすぐクリスマスシーズン。クリスマスといえば日本ではなぜか恋人とデートをする日とされているが、かつてバブル期にあった「クリスマスは高級ホテルでディナー&お泊り」というステータスは気がついたら消えてしまったように思う。

現に当時憧れのホテルとされた「赤坂プリンスホテル」は、昨年3月で閉館。かつて赤プリでクリスマスを過ごすには、夏頃から予約をしなければいけなかったほど賑わっていたというのに、だ。
では現在のクリスマスのステータスは一体何なのか? 相変わらず恋人とデートをするという風潮は変わっていないようだが、デートをするとしたら彼らは一体どこで何をしているのだろうか?

「祭日の23日あたりには一応毎年デートらしきことはしています。でもホテルでディナーとかじゃないですよ。昨年はケンタッキーをつまみに家で彼氏とシャンパン飲みました(笑)。24日が平日なら普通に仕事ですね」

そう語るのは交際3年の彼氏がいる独女のルイさん(35歳)。ルイさんは人ごみが嫌いなので、混んでいるクリスマスにわざわざ外に出歩くことはしないそうだが「クリスマスの高揚感は好きなので、一応乗っかりはする」という。

そしてルイさんと同じく「クリスマスの高揚感はワクワクする」と語るのは、独女で現在彼氏ナシの春香さん(36歳)。
「街のイルミネーションや飾り付け、テレビでのクリスマス特番をみると『もうすぐ年末。ラストスパートで頑張ろう!』と励まされます(笑)。あとクリスマスって案外ナンパされやすいんですよね。そういう街全体が浮かれている感じは嫌いじゃないです」

平日であれば普段通りに仕事をし、ディナーは高級レストランではなくケンタッキー。1人身でも悲壮はなく、街全体を包むクリスマス独特の高揚感は楽しむ……これらの話を聞くと、こんな現代のクリスマススタイルが垣間見えた。そこには特別な思い入れがなく、かといってクリスマスの商業主義を批判するわけではない。現代の独女は、クリスマスに特別な憧れはないのだろうか?

「私にとっての特別なクリスマスといえば、数年前ディズニーランドへ行ったことですね。クリスマスのディズニーランドって本当にキレイなんですよ。ホーンテッドマンションもクリスマス仕様で楽しめるし。ただし混雑と寒さはかなり厳しいので、よっぽどの気力と体力がないと厳しいですが」

そう語るのは独女の由美子さん(36歳)。ちなみに「ホーンテッドマンションもクリスマス仕様」とは、ハロウィン期間から翌年1月まで、ホーンテッドマンションが「ホリデーナイトメアー」という仕様になること。映画『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の登場人物が登場するスペシャルバージョンなのだ。

実は今回、由美子さんのように特別なクリスマスとして「東京ディズニーランド」や「東京ディズニーシー」を挙げる独女は何人かいた。最近の独女にとっての憧れは、高級ホテルよりも断然ディズニーランドという風潮があるのか。

そしてクリスマスデートのシメといえば「プレゼント」。バブル期といえば定番は何といってもティファニーの「オープンハート」だったが、現代の定番は? ということで独女たちに話を聞いてみたところ、何と一番多かった回答は「もらっていない」であった。

「クリスマス一緒にすごせればそれで十分、というとキレイごとのようですが、本当にそんな感じ。高級ホテルやディナーを用意してさらにブランドもののアクセサリーまで買わなきゃいけないというバブルの感覚が理解不能です。どれだけ男性が搾取されなきゃいけないんですか」

そう語るのはバブル期を知らない幸枝さん(30歳)。幸枝さんにとってプレゼントをもらう日というのは誕生日だけ。「相手もお金ないですから」という幸恵さんのスタンスはまさに日本の不景気具合が表れているといえるかもしれない。

不景気のせいといってしまえば暗くなるが、そのおかげで現在の独女は地に足をついた自然体のクリスマスを過ごす人が増えたようにも思う。恋人がいれば恋人とお金をかけず楽しく、1人でも別に卑屈にもならず、街の高揚感を楽しむ。バブル期からみればつまらないかもしれないが、そんなスタイルでも皆それなりに幸せだし、楽しそうだ(橋口まどか)
 

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

外部サイト

バブルは遠くなりにけり……今どきの独女クリスマスは自然体!
ちょいブサなあの子が結婚できたのはなぜ!?
【オトナ女子映画部】男は“体の浮気”、女は“心の浮気”をする生き物『恋と愛の測り方』

(http://news.livedoor.com/article/detail/7163169/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。