体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カメラ機能も凄い!大画面5インチディスプレイとクアッドコアCPU搭載「HTC J Butterfly」の説明会を開催 (後編)【レポート】

乃木坂46も登場のHTC J Butterfly発表会
HTC NIPPONは20日、KDDIから2012年12月上旬売となる「HTC J Butterfly HTL21」の発表会を開催した。5インチの大画面フルHDディスプレイとクアッドコアCPUを搭載する本機の魅力を、HTC Corporation CEOのピーター・チョウ氏、KDDI 代表取締役社長 田中孝司氏、HTC Corporation CPO 小寺康司氏、HTC NIPPON 代表取締役社長 村井良二氏、そしてHTC Jでもアンバサダーを務めた乃木坂46のメンバーが語った。

今回は、HTC Corporation CPO 小寺康司氏によるHTC J Butterflyの商品プレゼンテーションと、乃木坂46による教えて!HTC J ButterflyとHTC NIPPON 代表取締役社長 村井良二氏によるマーケティングコミュニケーションを中心にHTC J Butterflyとはどんな端末なのかをレポートしていく。
■握りやすい大画面5インチ端末

04

薄いデザインについて語るHTC Corporation CPO 小寺康司氏
5インチのフルHDディスプレイを搭載しつつも、最薄部約5ミリを実現したHTC J Butterflyは、今までと異なる設計方針で作られたという。

その鍵は内部積層にあり、通常は液晶ディスプレイ、PCB(基板)、バッテリーの順で重ねて行くわけだがこれでは端末は平らになってしまう、そこで液晶ディスプレイの次に薄くしつつも2020mAhの大容量化したバッテリーを重ねて最後にPCBをセンターに置くという設計の根本から変えることを行い、現在の側面に行くにつれて薄くなるアーチ型の持ちやすい形状が実現できたとのことだった。

16

設計から新しいHTC J Butterfly

さらにHTC Corporation CPO 小寺康司氏はデザインだけではなくディスプレイについても「3世代目となるsuper TFT液晶は黒が綺麗に出るようチューニングし、狭額仕様化することで全体の幅を狭くすることに努力をしている」と語った。

また、ディスプレイに関してはピクセルの見えない440ppiのフルHD(1920×1080ドット)を実現し、紙のように見える視野角の広い160°を実現しているとアピールした。

31

肉眼ではドットを確認できないほどの高精細ディスプレイ

内部に関しては「今月から出荷が開始となったクアルコムの最新のクアッドコアを搭載してサクサク感、速さを感じて頂ける仕様となっている。さらにbeatsaudioのオーディオ専用チップを搭載することで音のチューニングをしてエンターテイメントを楽しめる商品に仕上げている」とHTC J Butterflyのこだわりポイントを訴求する。

充実のカメラ機能については、新機能の「全面シャッター」について「ピントが合った状態で画面のどの部分を押しても撮影が可能となり、シャッターチャンスを逃がさない機能」であると説明し、さらにF2.0の明るいレンズだけではなくフロントカメラには88°の広角レンズを搭載しておりこれについて「片手で持った状態で画面の中に4人を入れて撮影することができる」と使い勝手の良さをアピールした。

05

■HTC Jアンバサダー乃木坂46が登場

10

HTC Jに引き続き、HTC J ButterflyでもCMキャラクターをつとめる乃木坂46の(後列左より)橋本奈々未さん、松村沙友理さん、秋元真夏さん、(前列左より)桜井玲香さん、白石麻衣さん、生駒里奈さん、星野みなみさんがステージに登場し「教えて!HTC J Butterfly」と題したトークセッションが行われた。

1 2 3 4次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会