ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「制作の人、原作読んだ?」 剛力彩芽が月9に主演決定も、キャスティングに非難殺到

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

20日、女優の剛力彩芽が、来年一月から始まるフジテレビ系月9ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」で主演を務めることがわかり、各メディアが報じた。

ドラマの原作である小説「ビブリア古書堂の事件手帖」は、メディアワークス文庫で2011年3月から刊行しているミステリーシリーズ。古本屋の店主・篠川栞子が、実在する古書の謎を解いていくストーリーで、2012年の本屋大賞にもノミネートされた人気作である。

だが、栞子は極度の人見知りで内向的。まして、原作のイラストではロングヘアで描かれているため、本作のドラマ化が発表されると、ツイッター上では、そのキャスティングに納得いかないユーザから、下記の通りに不満と非難の声が相次いだ。

「どうみてもこれ栞子さんじゃないだろ… いい加減売りたい芸能人をゴリ押すのやめて欲しいなぁ 原作の雰囲気も味わいもあったもんじゃねぇ」
「栞子さんは……違うよね」
「何をどう考えたら『栞子は剛力彩芽にしよう!』という結論に至るんだろうか」
「剛力彩芽主演でホントにきてた。違いっぷりがぶっ飛んでるので、どうでもいいや」
「イメージ違いすぎるんだって」
「ゴーリキーさんキャスティングは今流行の炎上商法って事でいいのかな(^ω^)?ゴーリキーさんまじお断りします」
「考え得る限り最悪のキャスティングだと思う」
「しかも主演が剛力彩芽ってどんなミスキャストですか。制作の人、原作読んだ?」
「剛力さんかわいいけどちがうよぉ!」

中には、「ウィッグつけるのかな」「1話だけ見てゴウリキーさんが長髪ロングじゃなかったら切る」という声もあったが、ドラマでは一体どのような仕上がりとなるのか。厳しい目が寄せられる中、注目を集める初回の放送を迎えることになりそうだ。

【関連記事】
剛力彩芽、4冠達成「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」受賞
剛力のお酌に父もメロメロ?
<速報>剛力彩芽&伊藤英明が受賞「ベストレザーニスト2012」
剛力彩芽、大忙しの毎日でも「休みたいとは思わないです!」と元気いっぱい

【関連情報】
『ビブリア古書堂の事件手帖』公式サイト
女優【剛力彩芽】ロングヘアー時代!画像集

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

(http://news.livedoor.com/article/detail/7161778/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。