体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Galaxy Nexus”yakju”用Android 4.2(JOP40C)へのアップデートファイルが見つかる

Galaxy Nexusのグローバルモデルとなるプロダクト名”yakju”用のAndroid 4.2アップデート用ファイルのURLが判明しました。これで手動でアップデートさせることもできます。今回紹介する手順では、Galaxy Nexus”yakju”がAndroid 4.1.2(JZO54K)からAndroid 4.2(JOP40C)にアップデートされます。リカバリイメージをClockworkModリカバリに変更している場合は、カスタムROMを焼くのと同じ要領でOTAファイルを/sdcardにコピーし、ClockwrokModリカバリのフラッシュメニューからインストールすることでアップデートできますが、標準リカバリを利用している場合は、以下の手順でアップデートします。1. Googleの配信サーバから「fdf06e8d71c7.signed-yakju-JOP40C-from-JZO54K.fdf06e8d.zip」をパソコンにダウンロード。2. Galaxy Nexusをシャットダウン。3. Galaxy Nexusのブートローダーを起動(ボリューム上下ボタンと電源ボタンを同時に長押し)。4. ボリュームダウンボタンを2回押して「Recovery mode」を表示し、電源ボタンを押してリカバリモードで再起動。、5.赤いトライアングルのアイコンが表示されたらボリュームアップボタンと電源ボタンを同時に押してリカバリメニューを表示。6. Galaxy NexusとパソコンをUSB接続。7.”apply update from ADB”にカーソルを合わせて電源ボタンを押すと、画面上に”Now send the package・・・”というメッセージが表示されるので、 パソコン上(Windows)でコマンドプロンプトを起動し、「1.」でダウンロードしたZIPファイルのあるフォルダに移動します。そして、次のコマンドを実行します。

 adb sideload fdf06e8d71c7.signed-yakju-JOP40C-from-JZO54K.fdf06e8d.zip

8. コマンドプロンプト上の表示が、”sending: ‘sideload’  100%”になると、自動的にGalaxy Nexus側でアップデートの適用が開始されます。9. “Install from ADB complete”と表示されたら、”reboot system now”にカーソルを合わせて電源ボタンを押し再起動します。以上で完了です。グローバルモデルとなる”yakju”の場合は、「7.」の手順のファイル名を”yakju”用に変更するだけでアップデートできると思います。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「AQUOS PHONE sv SH-10D」と「AQUOS PHONE si SH-01E」のソフトウェアアップデートを開始、まれに充電が開始されない事象を改善
Skypeの公式Androidアプリがv3.0にバージョンアップ、SkypeアカウントとMicrosoftアカウントの統合が可能に、タブレット向けUIが刷新
Galaxy S III miniのブルーカラーが英国で発売開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会